MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

3大動画サービス「YouTube」「ニコ動」「GYAO!」の利用動向の違いは?【ニールセン調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/02/24 12:30

 ニールセンが実施した「ビデオ/映画」カテゴリーの最新利用動向調査から、全体としてはスマホからの利用者がPCからの利用者数を大きく上回るものの、「GYAO!」においてはPCからの利用者がスマホよりも多いことが明らかになった。

 ニールセンは、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」、およびPC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView」のデータをもとに、「ビデオ/映画」カテゴリーの最新の利用動向を発表しました。

 同社が独自に分類する「ビデオ/映画」カテゴリー全体で1年間の利用者数推移を見ると、スマートフォンからの利用者数は増加しており、2015年1月では3,700万人超に。これはスマートフォンからのインターネット利用者の80%が利用していることになる。それに対し、PCからの利用者数は緩やかながら減少傾向となった。

 また、「ビデオ/映画」カテゴリーの中で、PC、スマートフォンともに2015年1月の利用者数ランキング上位3サービスである「YouTube」「ニコニコ動画」「GYAO!」を見ると、1位の「YouTube」はスマートフォンからの利用者が3,000万人を超え、PCの1.6倍となっていた。そして「ニコニコ動画」もスマートフォンがPCの1.7倍となっているのに対し、「GYAO!」はPCがスマートフォンの1.7倍に。また、「GYAO!」は年間を通して、PCからの利用者がスマートフォンを上回っていた。

 利用者属性を見ると、3サービス全てで各デバイスのインターネット利用者全体の傾向と同様に、PCは男性、スマートフォンは女性の割合が高くなっていた。また、「ニコニコ動画」はPCの34歳以下男性の割合が28%となっており、他の2サービスよりも10ポイント程度高くなっていた。

 さらに、3サービス共に一訪問あたりの利用時間はスマートフォンよりもPCの方が長くなっていた。特に「ニコニコ動画」では、PCからの利用時間は27分で、スマートフォンの3分と比較すると約9倍の差がみられた。また、「YouTube」はPCよりもスマートフォンの方が一人あたりの利用回数が多くなっており、「ニコニコ動画」「GYAO!」と傾向が異なっていた。

【関連記事】
ニールセンとインテージ、合弁会社設立
PCの月間ネット利用者数は昨年より8%減/スマホの月間ネット利用者は30%以上増
ニュース・キュレーションアプリの利用者は1年で2倍以上に/重複利用者は15万人以上
アドビとニールセンが提携、テレビからスマホまで包括的な分析を可能にするプラットフォームを
40代、50代にも急速にスマホが浸透/インターネットへの入り口はスマホへ移行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5