MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

コンテンツマーケティングの効果として、約4割が「WEB流入の増加」「WEB拡散」を実感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/04/24 09:30

 ジャストシステムが実施した調査から、コンテンツマーケティングの認知率は半数を超えており、効果としては4割近くが「WEB流入の増加」「WEB拡散」を実感していることがわかった。

 ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask」を利用して、事前の調査で「企画、マーケティング、広報、販売促進、市場調査・分析」の職種と回答した20~50代の男女384名に対し、『コンテンツマーケティングに関する実態調査』を実施した。

コンテンツマーケティングの認知率は半数以上に

 コンテンツマーケティングの認知率を調査したところ、「知っており、既に実施している」人は11.7%という結果に。また、「知っており、実施はしていないが、興味はある」人は14.6%、「知っており、実施はしていないが、実施したいと思っている」人は6.8%だった。一方、「知っており、以前は実施していたが今はしていない」人は3.6%、「知っているが、あまり興味はない」人は15.1%でした。知っている人の合計は51.8%、興味がある、または実施したいと思っている人はあわせて21.4%となった。

実施してみたい手法TOP3は「動画コンテンツ」「リサーチ・アンケート」「ブログ」

 そして今後、実施してみたい手法をたずねたところ、「動画コンテンツ」を挙げる人が最も多く、52.0%だった。次いで「リサーチ・アンケート」(44.9%)、「ブログ」(33.9%)、「インフォグラフィック」(33.1%)となった(※複数回答あり)。

コンテンツマーケティングにおける「スマートフォン」の重要性

 また、コンテンツマーケティングにおけるスマートフォンの活用状況を聞いたところ、「スマートフォンをよく活用している」と回答した人は17.8%、「スマートフォンはメインの手法」と回答した人は11.1%に。あわせて28.9%の人がコンテンツマーケティングにおいて「スマートフォン」を重視していることがわかった。

4割弱が「WEB流入の増加」「WEB拡散」を効果として実感

 コンテンツマーケティングを実施した結果、「コンテンツ経由でのWEBサイト流入が増えた」「コンテンツ自体がWEBで拡散することが増えた」という効果を得られた人は、それぞれ37.8%に。次いで、「コンテンツ経由での売上げや問い合わせが伸びてきた」(33.3%)となった(※複数回答あり)。

コンテンツマーケティングの課題は「成果があがるまでの時間」

 さらに、コンテンツマーケティングの課題として最も多かった回答は「成果があがるまでの時間」(44.4%)で、次いで「コンテンツを作成した後の集客やリーチ」(35.6%)だった(※複数回答あり)。

【関連記事】
DNP、クラウドファンディングとTV番組を活用した出版関連コンテンツ制作支援サービスを開始
コンテンツマーケティングの課題と改善点を見える化!クラウド型ツール「Mieruca」リリース
コンテンツマーケで活用しているプラットフォームは?断トツトップは約7割で「Facebook」に
「見るだけで遊べる」動画コンテンツへ、YouTube動画広告枠を使った試みスタート
電通PRとCCPR、インフルエンサーを活用したコンテンツマーケティング領域で提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5