MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

@cosme、2016年度中のビジネス領域拡張を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/10/05 08:00

 アイスタイル運営の「@cosme」が、2016年度中にビジネス領域を大幅に拡張させていくことを発表した。第一弾として、スマートフォンサイトの全面刷新及び同社グループの別サービスとして提供してきたEC等を@cosme内で利用可能にする連携強化を行った。

 アイスタイル運営のコスメ・美容の総合サイト「@cosme」が、化粧品・クチコミを中心に展開をしてきたサービスから、2016年度中に大幅にビジネス領域を拡張させていくことを発表した。その第一弾として、スマートフォンサイトの全面刷新及び同社グループにて別サービスとして提供してきたコスメECや、サロン予約を@cosme内で利用可能にする連携強化を行った。

 サービス連携では、@cosmeの姉妹版コスメECサイト「cosme.com(コスメ・コム)」が10月1日付けでプラットフォーム型ECサイト「@cosme shopping」としてフルリニューアルした。同サービスでは百貨店取り扱いブランドやオーガニック・ナチュラル系のブランドの商品も購入が可能となった。また、今回の連携で、@cosmeの商品ページ等から直接商品の購入もできるようになった。また、商品ページに"その商品を買えるお店リスト"を掲載する「お店情報」が新たに登場。GPSを使い、4万5000店の中から現在地の近くで買える店舗を探せる機能も提供される。加えて、エステ・美容室等のサロン予約サービス「ispot」の情報閲覧やサロン予約を@cosme内で直接できるようになり、名前も「ispot by @cosme」と変わった。

 コスメ・美容市場では化粧品メーカーの美容事業参入、個人のセミプロ化などプレイヤーも多様化し、生活者との接点や情報流通も大きく変化している。アイスタイルグループでは、このような市場環境の変化をチャンスと捉え、これまでに蓄積してきた生活者データを活かしながら、未来の生活者にフィットする全く新しい@cosmeを2016年度中に作り上げる。

【関連記事】
@cosme運営のアイスタイル、美容専門のPR会社メディア・グローブを子会社化
アイスタイル等3社、スマートデバイス向け動画広告ネットワーク事業を展開する新会社を設立
国内EC商品を海外発送するtenso、台湾内のファミリーマートでの受け取りサービス開始
ECプラットフォーム「えびすマート」と、ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」が連携
メガネスーパーがコンバージョン改善ソリューションVePrompt導入、ECサイトの離脱防止策を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5