MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2015年、動画広告市場は500億円規模へ~昨年対比約160%【サイバーエージェント調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/10/27 15:30

 サイバーエージェントのオンラインビデオ総研は、シード・プランニングのデジタルインファクトと共同で、国内動画広告の市場動向調査を行った結果、2015年の動画広告市場は500億円規模に達する予測となった。

 サイバーエージェント内で動画広告市場に関する調査を行うオンラインビデオ総研は、シード・プランニングのデジタルインファクトと共同で、国内動画広告の市場動向調査を行った。

2015年の動画広告市場は、昨年対比約162%に成長

 2015年の動画広告市場は、スマートフォン向け動画広告需要の大幅な増加により、昨年対比約162%の506億円に達し、スマートフォン向けが動画広告全体の46%を占めると予想されている。また翌年の2016年には、スマートフォン向け動画広告は過半数を占める見込みだ。

 今後、中長期的にスマートフォン向け動画広告需要の拡大が市場成長をけん引し、2017年には1,093億円、2020年には2,009億円に達し、スマートフォン向けの需要はその57%を占めると予想されている。

インストリーム広告が市場規模の約7割を占める結果に

 2015年、YouTubeなどのインストリーム広告は全体の約7割を占め、2020年までその比率は同等に推移すると見込まれる。

 その一方で、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアにおけるインフィード広告の成長が著しく、2015年は昨年対比331%の53億円に到達し、翌年の2016年には、188%成長の100億円規模に達することが予測される。

 この背景には、スマートフォンやソーシャルメディアの普及とともに、ユーザーの動画コンテンツの視聴対象が動画配信サイトのみならず、ソーシャルメディアやニュースアプリなどへと広がっていることが挙げられる。

【調査概要】
調査主体:株式会社サイバーエージェント
調査時期:2015年8月~2015年10月
調査方法:動画広告市場関係者へのヒアリング、
調査主体ならびに調査機関が保有するデータ、公開情報の収集
調査対象:動画広告市場
調査機関:株式会社シード・プランニング デジタルインファクト

【関連記事】
CA、動画広告に特化した調査組織を設立/「企業の動画広告の利用状況に関する調査」実施
ヤフー、インストリーム広告配信プラットフォームをVideologyへ移行~動画広告の連続配信が可能に
Gunosy、3minuteのインフルエンサー活用した動画広告を提供開始
良質なアプリを厳選したモバイル動画広告マーケットプレイス「*Moments by FIVE」リリース
TubeMogul、PMP機能を加えプレミアム枠への動画広告配信が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5