MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ビジネスSNS「Wantedly」がOpen APIの提供を開始~ヤフーやDeNAなど4社が先行導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/11/09 18:00

 ビジネスSNS「Wantedly」のOpen APIの提供が始まった。「話を聞きに行きたいボタン」や「フォーム自動入力ボタン」の設置など、外部サイトでも同SNSの機能が利用できるようになった。

 ウォンテッドリーは、同社が運営する「はたらく」を面白くするビジネスSNS「Wantedly」におけるOpen APIの提供を2015年11月9日より開始した。今回同社が提供する機能は、大きく3つ。1つ目は本選考へのエントリ-ではなく、カジュアルに企業へ遊びにいける「話を聞きに行きたいボタン」を外部サイトでも設置できるようにするもの。これによって気軽に興味がある法人などに話を聞きに行くことができる。

 2つ目の機能は「会社フィードボックス」。同機能はWantedly.com上の「会社フィード」に日々の会社の様子を投稿し、会社のファンを増やすもので、自社サイトに投稿内容を埋め込むことが出来るようになる。

 3つ目は「フォーム自動入力ボタン」機能の提供だ。これにより、外部サイトでも同SNS上にプロフィールが登録してあればボタンを押すことでプロフィール項目が自動入力される。これらの機能はローンチパートナーのサイバーエージェントやクックパッド、ヤフー、そしてディー・エヌ・エーの採用ホームページで先行導入されており、今後同社では2015年内に100社の導入を目指す。

【関連記事】
Wantedlyが働く面白さを伝えるメディア「WANTEDLY JOURNAL」を公開
中小企業のSNS運用、人数・時間・予算をかけない傾向【Wantedlyソーシャルメディア利用調査】
コープネットが顧客分析基盤に「SAS Marketing Automation」採用、個客対応を強化
LINEバイト、採用担当者と応募者がコミュニケーション行える新機能「LINE応募」を公開
関西テレビ、アドビのWebコンテンツ管理ソリューションを採用~Webサイトの運用フローを効率化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5