MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

トヨタファイナンス、One to Oneマーケティングの強化にIBM製品を採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/02/29 08:30

 トヨタファイナンスは新たなマーケティング基盤として、日本IBMのオムニチャネル・マーケティングプラットフォーム「IBM® Campaign(キャンペーン)」を採用した。同プラットフォームを導入し、One to Oneマーケティングの強化を目指す。

 トヨタファイナンスは新たなマーケティング基盤として、日本IBMのオムニチャネル・マーケティングプラットフォーム「IBM® Campaign(キャンペーン)」を採用した。

 トヨタファイナンスは、トヨタ車の販売・購入のサポート、ライフスタイルにあわせた金融商品・サービスの提供、主にトヨタグループ各社の法人向け金融サービスの提供など、個人、法人需要を問わず多角的な事業を展開。同社は、TS CUBIC CARDを始め約10種のクレジットカードを運営し、これらのカード所有者に対してよりパーソナライズされた対応を提供するため、導入に至った。

 同プラットフォームを導入したことで新しいキャンペーンの企画や設計に注力しやすくなり、キャンペーン効果の迅速な測定と、その結果に基づくPDCAサイクルへの適用も行える。そして、キャンペーン管理の最適化が可能になる。今後トヨタファイナンスでは、個々の顧客プロファイルや取引状況などに適した情報を適切なタイミングで届ける環境を構築していく。

【関連記事】
あなただけの『バットマン×スーパーマン』予告篇映像が作れる! トヨタ、「戦う男の予告編」公開
トヨタ自動車、「つながる」技術に関する取り組み加速~車両データの有効活用目指す
トヨタ自動車、「人工知能技術」の研究・開発強化を目指しシリコンバレーにて新会社を設立
IBMとソフトバンク、IBM Watson日本語版を提供開始
IBM、海外エージェンシー3社の買収を発表~顧客のデジタル変革に対するニーズに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5