MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ロボットスタート、「国内コミュニケーションロボット業界マップ-2016Q3-」公開

2016/07/05 10:30

 ロボットスタートは、国内のコミュニケーションロボット業界を俯瞰するカオスマップの最新版を作成・公開した。37種だったロボットが61種類まで増え、アプリデベロッパー会社や各種サービスなど50以上が追加された。

 ロボットビジネスを専門に行うロボットスタートは、国内のコミュニケーションロボット業界を俯瞰する業界マップ(カオスマップ)の最新版(2016Q3版)を作成。7月4日より公開した。

「国内コミュニケーションロボット業界マップ」2016Q3版
「国内コミュニケーションロボット業界マップ」2016Q3版

 2016年4月に公開された「国内コミュニケーションロボット業界マップ-2016Q2-」では37種だったロボットが61種類まで増え、その他アプリデベロッパー会社や各種サービスなど50以上が追加された。また、分類も従来の26分類に次の6分類が加わり、全32分類と細分化された。

 Costume(衣装)、Education(教育)、Manufacturing(製造)、Fund(ファンド)、Projector(プロジェクター)、Servomotor(サーボモーター)

コミュニケーションロボットの定義について:産業用ロボット以外のサービスロボットの中から、会話や触れ合いによって人とコミュニケーションを取ることができるロボットをコミュニケーションロボットと定義。なお、コミュニケーション機能を持ちながらも、一般消費者向けに製造されていないロボットについては、今回は対象外となっている。

【関連記事】
M-SOLUTIONSとパソナテックが協業、Pepperのロボアプリ開発目指す
子どものまなざしをスクリーンの中から現実世界に引き戻す、「タブレットボット・TABO」登場
ドミノ・ピザ エンタープライズ、世界初の商業用自動運転デリバリーロボットを発表「DRU」発表
博報堂、ぬいぐるみを おしゃべりにするボタン型デバイス「Pechat」を開発
おそうじロボット、2020年には電気掃除機の約16%に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5