MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

おそうじロボット、2020年には電気掃除機の約16%に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/03/16 14:00

 「おそうじロボット」の所有ブランドは「ルンバ」が7割を超え、圧倒的な強さを見せた。国内家電メーカーも参入し、これからさらに競争が激化しそうだ。

 シード・プランニングは13日、「おそうじロボット」のユーザー調査と市場予測を発表した。ユーザーが所有しているブランドのトップ3は、1位「ルンバ」(アイロボット)、2位「ココロボ」(シャープ)、3位「ツカモトエイム」で、購入理由は、「便利そうだったから」「掃除が楽になると思った」「ロボットに興味があった」がトップ3。購入後は73%が「満足」、吸引力に関しても約63%が「満足」と回答している。

 一方、「おそうじロボット」非保有者の懸念は、「ちゃんと掃除するか心配」「価格が高い」「吸引力が弱そう」が上位を占めた。

 2004年にアメリカiRobot社の「ルンバ」が販売されたのが、日本の「おそうじロボット」のスタート。同じころイギリス・ダイソンのサイクロン掃除機「DC12」も販売され、国内にタイプが異なる高額掃除機市場が出現した。発売当初は通信販売やテレビショッピングでの販売主体だったが、量販店に「おそうじロボット」のデモコーナーが設置されるようになり、知名度も上がるにつれて販売数も増加。日本では累計100万台以上が売れている。

 2014年夏以降、東芝、パナソニック、ダイソンが参入を発表。シードプランニングは今後、111~114%の伸びを示して2020年には100万台を超えると予想。電気掃除機は毎年700万台前後売れており、電気掃除機に占める「おそうじロボット」の割合は、2020年で約16%になると予想する。

【調査概要】
調査対象:おそうじロボットユーザー400名、おそうじロボット非ユーザー300名、お掃除ロボットメーカー、関連企業ほか
調査方法:ネットアンケート調査、主要企業の個別訪問ヒアリング、公表資料の収集・整理
調査期間:2014年11月~2015年2月 

【関連記事】
シニア世代の“期待を上回った家電”ベスト3は「ルンバ・タブレット・食器洗い機」
Google、自走するクルマの完全なプロトタイプを公開、ハンドルやブレーキがなくても安全運転
スマホと連携してスノボの滑りを分析する「SNOW-1」、新世代家電メーカーCerevoがCESで発表
NTT・慶大ら、脳波分析で家電操作を実現する「ネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェース」
2013年テレビ通販番組のトレンドは?放送回数トップ3は「健康食品」「コスメ」「生活家電」
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5