MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通と電通テック、プロモーション領域強化目的に組織改編~「電通ライブ」および新生「電通テック」に

2016/10/17 11:15

 電通と電通テックは、2017年1月4日付で事業再編を行い。電通本社と電通テックのイベント&スペース関連部署を統合し、「株式会社電通ライブ」に改組改称する。また、新たに「株式会社電通テック」を設立する。

 電通と電通テックは、2017年1月4日付で事業再編を行う。これは、プロモーション領域における成長戦略を加速させるため。具体的には電通本社のイベント&スペース・デザイン局と電通テックのイベント&スペース関連部署を統合し、現在の電通テックを「株式会社電通ライブ」に改組改称するとともに、新たに「株式会社電通テック」を設立する。

 電通ライブでは、従来のイベント&スペース開発業務に加え、新たな戦略領域として次の4つのビジネスに取り組む。

  1. 最先端のデジタルテクノロジーを用いた体験価値の向上
  2. ライフスタイルマーケティング視点の店舗開発やオペレーション
  3. 投資型のイベント&スペース開発
  4. 次世代型のシティブランディング

 また、従来「電通テック」が提供してきた販促プロモーション事業は、新会社「電通テック」を設立し、各種キャンペーン作業のデジタル化など、デジタルマーケティングに対応できる制作・実施体制へと転換させる。そのために、新生「電通テック」は、従来型の販促プロモーション業務に加え、次のデジタル起点型のプロモーション業務を強化・拡充する。

  1. デジタルマーケティング・プロモーション:データドリブン型のマーケティング運用業務と、関連するデジタルプロモーション・サービスの提供
  2. ダイレクトマーケティング:オウンドメディア、ECなどのダイレクトマーケティング・サービスの制作と運用
  3. CRM:顧客データや購買データをベースに、ロイヤルカスタマーの育成施策を推進
  4. UXデザイン:映像開発やコンテンツ活用による顧客体験型のデジタルプロモーション・サービスの提供
  5. キャンペーン運用のデジタル化:スマートフォンやウェブを活用した、キャンペーン運用のデジタル化
  6. デジタルクリエーティブ制

 同事業再編は、今年7月にデジタルソリューション領域専門のグループ会社として発足した電通デジタルと同じく、顧客のマーケティング活動において重要度を増す領域に対する、提供価値向上を目的とした国内事業戦略の一環。

【関連記事】
パソナ、インバウンド向けの人材育成からプロモーションを支援するサービスをリリース
大日本印刷、グループ会社3社を統合した新会社を設立~紙×デジタルのクロスメディア企画を強化
小学館とグリー子会社が提携、インフルエンサーマーケティングを支援
電通と電通テック、米国のパーソナライズド動画ソリューション提供企業と協業
電通ダイレクトフォース、3Minuteらと共同でインタラクティブミュージックビデオを制作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5