MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SNSの利用時間が最も多いのは、35-49歳! 米国のソーシャルメディア利用状況【ニールセン調査】

2017/03/14 13:00

 ニールセンは、米国のソーシャルメディア利用状況をまとめた『2016ニールセン ソーシャルメディア レポート』を発表した。SNSの利用時間が最も多いのは、35-49歳の世代であることがわかった。

 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタルは、米国のソーシャルメディア利用状況をまとめた『2016ニールセン ソーシャルメディア レポート』を発表した。

 同レポートによると、ソーシャルメディアのヘビーユーザー層はミレニアル世代ではなく、ジェネレーションX(35-49歳)であることがわかった。その利用時間は週あたり約7時間にも上る。2位はミレニアル世代で、利用時間は週当たり6時間強だった。

35~49歳の週平均ソーシャルメディア利用時間は18~34歳より5時間多い
35~49歳の週平均ソーシャルメディア利用時間は18~34歳より約5時間多い

 また、日曜日にはスマートフォンでFacebookを利用しながらプライムタイム(19時から23時)のテレビ番組を見ている人が多数いることがわかった。なお、Facebookにおける1週間のテレビ番組に関するソーシャル活動のうち約半分 (43%)が日曜日に集中していた。

テレビ番組に関するソーシャル活動の曜日別平均
テレビ番組に関するソーシャル活動の曜日別平均

 ソーシャルメディアユーザーの4分の3以上が過去1年以内にオンラインショッピングをしていることもわかった。ソーシャルメディアユーザーを使用頻度でヘビ ー、ミディアム、ライトの三層に分けて調べたところ、どのグループでも4分の3以上の消費者が過去 1 年以内に買い物をしていることがわかった。これに対しソーシャルメディアを利用していない人では、同じ期間にオンラインショッピングをした人は半数以下(46%)となった。

ソーシャルメディアユーザーの約8割がネットショッピングを実施
ソーシャルメディアユーザーの約8割がネットショッピングを実施

 

【関連記事】

「SNOW」利用者は半年前より27%増/スマホ利用者の約80%が「LINE」利用【ニールセン調査】
有料動画アプリ利用者数1年で50%増/若年層ほど動画アプリでのリーチ高い【ニールセン調査】
ビデオリサーチとニールセン、デジタル領域で提携~広告視聴に関する測定指標の標準化目指す
ニールセンが社名変更、「ニールセン デジタル」に
人気スマホアプリの利用者は軒並み倍増/利用者数No.1は4年連続「LINE」【ニールセン調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5