MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DeNA、横浜市と「無人運転サービス・AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」スタート

2017/04/25 16:00

 DeNAと横浜市は、4月24日、「無人運転サービス・AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」を開始した。その一環として、4月27・28日に金沢動物園内で自動運転バスの試乗イベントを実施する。

 ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)と横浜市は、4月24日、自動運転社会を見据えた新しい地域交通のあり方を検討する「無人運転サービス・AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」を開始した。その取り組みの一環として、DeNAの自動運転バス「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」の一般向け試乗イベントを4月27・28日(木・金)の2日間、金沢動物園(神奈川県横浜市金沢区)にて実施する。乗車料は無料(※動物園への入場料は別途必要)。

自動運転バス「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」は、最大12名が乗車できる運転席のない電気自動車。予め作成した地図データに設定したルート上をカメラ、各種センサー、GPSを用いて自車両の場所を測定しながら自動で走行する。自車両の近くやルート上に障害物を検知した場合はその障害物との距離に応じて自動的に減速・停車をすることで危険を回避する。

 横浜市内で自動運転車を用いたデモンストレーションや実証実験を進めつつ、まずは私有地などにおける実用化を目指す。また、地域の交通を担っている事業者とも連携を深めつつ、効率的な地域交通のあり方について研究を進める。将来的には、公道における実証実験やAI解析のサービスへの活用を試みるなど、段階を経て無人自動運転によるモビリティーサービスの実現へとつなげていく予定だ。

【関連記事】
DeNAとヤマト運輸、自動運転活用を見据えたサービスの実用実験開始~2018年には自動運転の導入も
ヤフーがSBドライブへ出資、自動運転分野に本格参入
日産、行列に並んでいるだけで先頭まで連れて行ってくれるイスを開発〜店舗への無償貸与も予定
DeNA×ヤマト運輸、自動運転を活用した次世代物流サービスの開発を目指し2017年3月から実験へ
ドミノ・ピザ エンタープライズ、世界初の商業用自動運転デリバリーロボットを発表「DRU」発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5