MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【SEOリサーチ】「Yahoo!検索では1位なのに、Google検索では60位」 両方に評価される効率的なSEO施策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2009/01/23 13:00

 Yahoo!とGoogleのSEO対策は、基本的には多くの部分が共通しています。しかしながら、方針が明確に異なる点も、もちろんあります。今回は、Yahoo!検索とGoogle検索、それぞれの評価方針の違いについて解説していきます。

Yahoo!検索とGoogle検索のSEO対策~2つのポイント

「Yahoo!では1位なのに、Googleでは60位です。どうしてこんなに評価が違うのでしょう?」

 そんなお問い合わせを頂く事があります。こういった事例は、とてもよくあるケースではないでしょうか? 普段SEOを意識されている方々も、もはや当たり前の現象として、疑問にすら感じていないかもしれません。

 しかし、依然Yahoo!とGoogleのSEO対策を同じものとして、ひっくるめて考える風潮は残っているように感じています。確かに、基本的な対策においてYahoo!とGoogleに共通点は多いといえます。ページ内の構成単語と外部リンクの質・量で順位を決める点など、SEOの評価ロジックはほぼ確立されており、今後も大きく変わるものではないでしょう。

 ただし、方針が明確に異なる点もあります。以下2つのポイントは踏まえておきましょう。

Yahoo!とGoogle 押さえておきたい2つの違い
  • Yahoo!は人間による評価も。Googleは全てロボットによる評価。
  • Yahoo!はトップページを評価。Googleは末端ページを評価。

人間による評価も行うYahoo! / 全てロボットにより評価するGoogle

 Yahoo!には、プラスアルファの加点ルールがあり、ある程度、意図的に順位を上げることが可能です。具体的には、Yahoo!カテゴリに登録している事、Yahoo!カテゴリに登録されたページからリンクされている事などです。

 これは、Yahoo!が自社スタッフの審査を通じ、人間の目で見てサイトを評価する仕組みを取り入れているからです。

 反対にGoogleのSEOには、これ!という決定的なテクニックがありません。それは、特にGoogleがユーザーの意図的な順位操作を嫌うためです。セオリー通りに内部対策と外部リンクを強化する他は、ひたすらコンテンツの充実を図りましょう。検索ユーザーの求める情報を上位に表示するアルゴリズムは、日々進化しています。つまりは有用なサイト、ページを作成すれば、おのずと上位表示されるのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:上位サイトのSEO対策を徹底解剖!スプールのSEOリサーチ情報

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5