MarkeZine(マーケジン)

記事種別

携帯でよく買い物する人ほど「たまたま買い」が多い【mediba・日経ネットマーケ調べ】

2009/03/04 11:20

 medibaと日経ネットマーケティングが行ったモバイルECサイトの利用動向調査で、男女間でのサイト認知経路の違いや、買物頻度と利用金額の関係性などが明らかになった。

 今回の調査は、20代・30代・40代の男女で過去6か月以内にモバイルECサイトの購入経験がある人600人を対象に行われた。モバイルECサイトへの認知経路を見ると、男性は「先にパソコン用のECサイト」でそのサイトのモバイル版を認知したケースが25.7%なのに対して女性は14.0%。女性は「通販雑誌・広告」から認知するケースが17.0%なのに対して男性は3.3%と、性別によって認知経路に違いがあることがわかった。

モバイルECサイト認知導線(性別間での違い)

 また、過去半年間の買物回数が6回以上購入している人を「買物頻度が高頻度な人」と定義し、全体平均と比較すると、男性では「auのカテゴリ検索」や「携帯インターネットでたまたま見つけた」の項目で全体値よりも高頻度者の割合が高い結果となった。女性でも「携帯でインターネットを検索」「携帯のインターネットでたまたま見つけた」の項目で全体値よりも高頻度者の割合が高い傾向にある。また、買物頻度と利用金額は比例関係にあり、買物が低頻度な人ほど平均利用金額は低く、頻度が高くなるにつれて平均利用金額が増加する傾向にある。

買物頻度と利用金額の関係性

 決済方法で最も利用されているのは「代金引換」で「クレジットカード」「コンビニ決済(振込)」がそれに続いている。その一方で、ネット銀行や電子決済はまだまだ少ないのが現状のようだ。また、2万円以上の買物では「銀行振込」や「ネット銀行」といった金融機関を利用した決済方法が多く、「代金引換」・「クレジットカード」は購入金額に関わらず多く利用されるなど、決済方法によって利用に違いが見られた。

【関連記事】
「代引き・収納代行」規制の動き、ネットショッピング経験者の約半数が「知らなかった」
ネット売上が紙カタログを上回る、アスクルが法人向けネットショップを大幅リニューアル
「野菜をネットで購入したいと思わない」は6割超、買いたくない理由No.1は「鮮度」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5