MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「ランディングページは1ページ完結が絶対よい」のウソ【ユーザビリティTips】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2009/06/26 11:00

 広告をクリックすると表示され、そのページから直接コンバージョンを狙う「ランディングページ」が普及していますが、これには成果が期待できる商材とそうでないものがあります。今回は、ランディングページが有効な商材とそうでない商材について、そして有効でない商材にはどのような施策が必要かご説明します(ユーザビリティ実践メモの中から編集部がチョイスした記事を転載しています)。

1ページ完結型ランディングページの弱点

 近年、広告をクリックした際に表示されるページとして、コンバージョンへのリンク以外を極力張らず、1ページ内で訴求を完結させる、いわゆる「ランディングページ」が普及しています。この1ページ完結型のランディングページには、他ページへの離脱を防げるというメリットがあり、基本的には1回の訪問で直接コンバージョンすることを狙っています。

 しかし、この1ページ完結型のランディングページが全ての商材に有効であるわけではありません。まずは、このランディングページが有効な商材と、有効ではない商材の例を以下に整理しました。

有効な商材

 ・直感的にコンバージョンしやすい商材

 (例)コスメ・食品等の消耗品、キャッシングなど

 シンプルな比較軸で選べる商材や、衝動買いしやすい商材など、1ページの情報量でコンバージョン可能な商材の場合、他ページへの離脱を防げる分、有効です。

有効でない商材

 ・コンバージョンまでに詳細な検討を要する商材

 (例)住宅ローン、法人向けソリューションなど

 高額の商材や、BtoBの商材などは、1ページの情報量ではコンバージョンに至りにくいケースが多く、その場合は複数ページでの説得シナリオや、再訪を前提とした説得シナリオが必要になります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 株式会社ビービット(カブシキカイシャビービット)

    仮説検証型の独自方法論「ビービットUCD(User Centered Design)」を用いて、ウェブおよび携帯サイトの戦略立案、サイト設計、構築、効果検証を行うインターネットコンサルティング会社。 年間1000人を越えるユーザビリティテスト(ユーザ行動観察)やアイトラッキング調査など各種リサーチを実施し、ウェブユーザの心理と行動パターンを分析。サイトの売上向上、コンバージョン率改善などの具体的成果の創出を行っている。詳細はこちらからご確認ください。 【書籍紹介】...

バックナンバー

連載:今日から実践!ユーザビリティ向上ノウハウ

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5