MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

世界で最も信頼される広告形態は「知り合いからのおすすめ」「ネットのクチコミ」【ニールセン調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2009/07/10 14:40

 調査会社ニールセンが行った調査で、「個人的な知り合いのおすすめ」と「ネット上の消費者の意見」は、国を問わず最も信頼される広告形態であることがわかった。

 ニールセンは、2009年4月に50か国、25000人のネットユーザーを対象に調査を行った。その結果、各国のネットユーザーの9割が「個人的な知り合いからのおすすめ」を、7割が「ネット上の消費者の意見」を信用していると回答。消費者の情報発信の影響力が確認される一方、ブランドが運営するサイトも7割が支持している。

広告形態別の信頼度(2009年4月)

 しかし、ブランドサイトがネットユーザーの間で高い信頼を得ている一方、それ以外のデジタル広告は、マス4媒体よりも信頼度が低くい結果となった。このうち、携帯電話のテキスト広告は最も低い24%となっているほか、オンラインバナー広告、オンラインビデオ広告、検索エンジンの結果に表示される広告は、30%から40%台に甘んじている。

 ニールセンは同様の調査を2007年4月にも行っており、この2年の間に信頼度が大きく増加したのは、「ブランドによるスポンサーシップ」で15ポイントアップの64%。それに、「映画の前に上映される広告」「個人的な知り合いのおすす」めが続いている。

広告形態別の信頼度上昇ランキング(2007年4月と2009年4月の比較)

【関連記事】
不況後の米マーケティング市場、ネットメディアへのシフトが鮮明、2014年に550億ドル
まだ伸びているPCからのネット利用時間、テレビに続く「第2のメディア」に定着
「お金をもらったブロガーのオススメ商品は信用しない」8割。ビルコム、企業とブロガーの関係を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5