MarkeZine(マーケジン)

記事種別から探す

国別インターネット人口、2013年に中国が米国を抜いて1位に【フォレスター調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/07/22 14:55

 フォレスターの予測によると、5年後の2013年に世界のインターネット人口は22億人に達し、国別のインターネット人口では米国を抜いて中国が1位となる。

 フォレスターが発表したレポート”Global Online Population Forecast, 2008 To 2013"によると、世界のインターネット人口は、2013年に22億人に達する見込みだ。2008年のインターネット人口は約15億人のため、これから5年のうちに約1.5倍になると予測される。

 アジア新興国のインターネット人口の増加は著しく、なかでも中国のインターネット人口は2013年には3億7700万人に達する。これは、世界のインターネット人口の17%に相当するが、それでも中国の全人口における割合は16%から27%に増えるにすぎない。

2008年から2013年の世界のインターネット人口の成長
アジア新興国のインターネット人口は、年平均10~20%の増加が見込まれる
出典:Forrester Research Internet Population Forecast, 4/09 (Global)

 日本のインターネット人口は2008年にすでに1億人に達しており、緩やかに増加しながら、2013年には1億640万人まで増加する。しかし、日本の全人口における割合は、78%から84%に増加するにとどまっており、これは韓国(75%→81%)と同じ飽和状態に近い状態と言える。

 また、2008年の国別インターネット人口ランキングのベスト5は、米国、中国、日本、ブラジル、ドイツだが、2013年には、中国、米国、インド、日本、ブラジルに顔ぶれが大きく入れ替わりそうだ。

【関連記事】
DeNA、中国900万人が利用するモバイルSNS「天下網」運営会社を子会社化
中国シニア層の8割はメールで交流、ロシアの人口より多い巨大消費パワーを探る
不況後の米マーケティング市場はネットメディアへシフト、2014年には550億ドルに成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の人気記事ランキング

この記事に登録されているタグ

関連リンク


おすすめ記事


検索連動型広告を極める!好評連載

All contents copyright © 2006-2014 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5