MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SEO嫌いなWeb担当者にとりあえず知っておいて欲しいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2010/04/12 15:00

 SEO対策には専門的な知識が必要なので、外部の業者に任せっきり。SEO対策を変にブラックボックス扱いしてしまい、基本的な対応まで放棄してしまう担当者も稀に居るようだが、やるべきことは済ませておかないと無駄な費用になるばかり。最悪、スパムサイト扱いされて、検索エンジンから外れてしまうことすら起こり得る。効果的なSEO対策をするために最低限知っておかなくてはならないこととは。

SEO対策成功の秘訣は「自力である程度やる」こと

 SEO対策は、専門会社に任せるもの――。そう決めつけて思考を停止してしまってはいないだろうか。

 もし心当たりがあるのなら、発注先も含めて適切なSEO対策が打てているか、もう一度確認してみてほしい。本稿では「SEOの専門家として」ではなく、「Web担当者として」覚えておいてほしい最低限の基本事項を取り上げて行こうと思う。

 SEO対策、リスティング、アフィリエイト、バナー広告など、Webでの集客手段は数あるが、ブラックボックス化している感があるのがSEO対策。技術的な意味でも、費用対効果的な意味でも、最低限見ておかなくてはならないところをしっかりとやれているだろうか。

 ご存じのとおり、検索エンジンに上位表示されるためのロジックは、変化し続けている。外部に頼らず自社でSEO対策をしようとすれば、技術的な最新トレンドを研究し続けないといけなくなる。だが、SEO対策に専念できるほど業務に余裕があるWeb担当者はまず居ないだろう。自社だけでSEO対策を回せるのは一部の企業だけ、というのが実態ではないだろうか。

 また、ある程度のビッグワードでの上位表示を狙うのなら、優良なリンクを多数集めなくてはならない。よほどユーザーから支持される商品・サービスを扱っているか、あるいはリンクを集めるための良い仕組みを考えないと、自社単独で優良なサイト群をリンク元として構築・整備するのは極めて難しい。SEOはすぐに成果が出る施策とは言えないが、それでも比較的短期のうちに実績を出したいのなら、外部の力に一切頼らないというのは賢い選択ではないだろう。

 しかし、「安いから」という理由でSEO対策を外部に発注することを決めたものの、順位が上がらない経験をした方も多いのではないだろうか。ひどいときには、不適切な対策を打たれてスパムサイト扱いされ、Google八分に遭ってしまってはたまらない。

 そうした苦い経験を持つ企業のWeb担当者には「自力である程度やってみて、基本的なSEO対策戦略が見えてから、外部業者の力を借りる」という視点を持つことをお薦めしたい。

 「自力である程度まではやっておく」とは言っても、そんなに高度なことを要求するわけではない。まずやっておいてほしいことは「大手ポータルのカテゴリ登録に依頼を出す」だ。Yahoo! JAPANでの掲載順位にも影響することを考えると、「Yahoo! ビジネスエクスプレス」への登録は最低限行わなければならないが、そこまでで止まってしまっている企業も意外と多い。ジェイ・リスティングの提供する「Jエントリー」のような大手ポータルサイトへのカテゴリ登録ができるサービスを利用することも考えていきたい。

 手軽にできる!優良サイトからのリンク獲得でSEO効果を高められ、国内最大級の大手ポータルサイトからのアクセスも見込める有償ディレクトリ登録審査サービス「Jエントリー」の詳細はサイトでご確認ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:話題のサービスを詳細解説

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5