MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

国内スマホアプリ市場は139.9億円、前年比170%の急成長
しかし収益・認知に課題も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/03/27 13:10

 矢野経済研究所は27日、国内スマートフォンアプリ市場についての調査結果を発表した。

 矢野経済研究所によると、2011年の国内のスマートフォンアプリ市場規模は82.2億円。デバイスの普及、通信インフラの整備、アプリ内課金モデルの普及などが好材料となり、2012年には139.9億円(前年比170%)に急成長すると予測している。

 しかし課題もある。BtoC向けアプリなどは1本当たりの販売単価、販売数の規模が小さいため、一部の大ヒットアプリを除けば売上高も小規模になりやすい。そのため、多くのディベロッパーが収益性に問題を抱えている。また、アプリ流通数の増加により、ユーザーの認知が困難になりつつあり、プロモーションに関する課題も顕在化している。

 また、日本と中国のスマートフォンユーザーに、アプリ購入の際に参考にする情報を聞いたところ、日本のユーザは「アプリストアのレビュー(65.3%)」が、中国のユーザは「クチコミ(リアルの知人から)(77.0%)」が最も多くなっている。

【調査概要】
調査期間:2011年10月~2012年1月
調査対象:国内のスマートフォン・タブレットPCアプリ関連ディベロッパ及びパブリッシャ等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査を併用

【関連記事】
ドミノ・ピザ、スマホでの売上が10億円突破
スマホからの流入は最大でサイト全体の7~8%
ベネッセ、東大入試特化型アプリをリリース
アップル、アプリのダウンロードが250億本を突破
「東京スマートフォンAPPアワード」最優秀賞賞金200万円はエキサイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5