MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日本のスマホアプリのインストール数は40か国中最多
【グーグル世界のスマートフォン利用調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/05/16 20:10

 グーグルは16日、世界のスマートフォン利用調査の2012年版を公開した。日本のスマートフォン普及率は昨年の約3倍の20%に増加している。

 グーグルは今回、調査会社IpsosおよびMobile Marketing Association(MMA)と共同で、40か国以上を対象に、スマートフォンの普及・利用状況に関しての調査・分析を行った。その結果、日本のスマートフォン普及率は昨年の6%から、約3倍の20%に増加している。また、日本のスマートフォン利用者は、平均で40ものアプリをインストールしており、調査対象の40か国中で最多となった。

 スマートフォンからのSNSへのアクセスは、2011年の58%から63%に増加。スマートフォンと同時並行して利用するメディアでは、1位「テレビ番組を見る」(53%)、2位「別の端末でインターネットを利用する」(30%)、3位「音楽を聞く」(26%)が上がっている。

 スマートフォン利用者の10人に9人が、ローカル検索を使ってレストランなどの地域情報を検索しており、そのうちおよそ4割が実際に「お店を訪問した」と回答している。グーグルはサイトで全データを公開している。

【調査概要】
Googleの依頼により、第三者調査会社Ipsos MediaCTとTNS Infratest がオンラインアンケートを実施。調査対象者は、スマートフォンからモバイル インターネットにアクセスした各国の個人ユーザー。 
日本での調査は2011年3月~7月に実施し、サンプル数は2000。収集したサンプルデータは、各国のスマートフォン人口の主な変数に応じて重み付けを適用している。

【関連記事】
スマホで動画を自動編集、Facebook・ニコ動・YouTubeと共有できるアプリ
ユニクロ、天気によって音楽が変化するソーシャル目覚ましアプリ「UNIQLO WAKE UP」
ネットショッピング利用金額は変わらずデバイスが分散化
グーグル、スマホサイト診断ツールや調査データを提供
20代女性のスマホ所有率、昨年の9.6%から54.2%に急増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5