MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ネット通販に感じるメリットとは?【ネット通販利用者500人調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/10/03 12:30

 「STORES.jp」を運営するブラケットの調査で、ネット通販の利用動向がどのように男性と女性で異なるかことが明らかになった。

 ネット通販でよく買うものを質問したところ、男女とも一番多かったのは「本・雑誌」、2番目に多いのは男性が「家電」(41.7%)、女性が「洋服」(44%)となり、それぞれの項目で男女で大きな差が見られた。

 ネット通販時に商品を選ぶポイントについては、「価格」と「商品の良さ」が男女ともに多い結果となった。また、「その他」を除くすべての項目で女性の回答した割合が男性を上回っており、「商品を選ぶ目は女性のほうがやはり厳しい?!」という見方もできそうだ。

 ネット通販で購入するメリットとしては、「お店まで足を運ぶ時間がかからない」、次いで「重いものを家まで持ってきてくれる」を挙げる人がが多い。

 注目したいのは、「その土地まで行かないと手に入らないものが買える」「本当に自分が気に入るものを見つけられる」と回答した割合が、男女ともに3割前後あること。販売アイテムの種類や点数が少なくても「本当に気に入るものを見つけたい」というニーズに応えることも、ネット通販の大きな役割と言えそうだ。

【アンケート調査概要】
対象:500名
男性 250名(20代~60代以上 各世代50名ずつ)、女性 250名(20代~60代以上 各世代50名ずつ) 
属性:会社員 33.3%、自由業・自営業 12.8%、専業主婦 22.3%、パート・アルバイト 14.0%、学生 3.8%、その他 13.3% 
インターネット調査 
日時:2013年9月27日~2013年9月29日

【関連記事】
ネットショッピングにおける 「購入者のニーズ」と「運営者が提供するサービス」のズレとは?
ブログ閲覧者の25%、ブログで紹介された商品・サービス購入経験あり
家電のインターネット通販、市場規模の1割弱まで成長
シニア世代のネット通販、約9割が「楽天市場」利用
フェリシモ、GIFアニメを使ったECサイト「スキマル」オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5