MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

LINE、新たなO2Oマーケティング手法「LINEコラボアカウント」スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/11/08 12:15

 「LINE」において、新たなO2Oマーケティング手法として「LINEコラボアカウント」の提供が始まっった。

 LINE株式会社は、同社が運営する「LINE」において、ローソン・マツモトキヨシの大手小売2社と協力し、主に食品・飲料・日用品などの消費財メーカー企業向けに「LINEコラボアカウント」の提供を開始した。

 LINEでは、2012年6月より「LINE公式アカウント」を企業向けに提供している。現在までに、国内では累計99の企業公式アカウントが開設されている。購読しているLINEユーザー数は、のべ2億人以上(2013年10月末現在)に到達し、そのうちの37.6%が実店舗へ足を運び、割引クーポンを利用したという調査結果が出ている。(マクロミルによるインターネット調査/2013年7月実施)

 「LINEコラボアカウント」において、消費財メーカー企業は、数百万人~一千万人以上の購読者を擁する、ローソン・マツモトキヨシのLINE公式アカウントから、自社商品の販売促進のためのクーポンや商品告知メッセージを配信することができる。これにより、自社で新たにLINE公式アカウントを開設したり、購読者を獲得したりするコストをかけずに、すぐに見込み客へリーチすることが可能になる。

 また、日本全国に店舗を持つローソン・マツモトキヨシは、自社のみのメッセージ配信に加え、消費財メーカー企業と協力して商品の販売促進を行うことで、より強力に顧客を自社店舗へ誘導するアプローチができ、店頭での売上増加に繋げる効果を期待できる。

 本取り組みの第一弾として、12月上旬に、ローソンのLINE公式アカウントにおいて、サントリー食品インターナショナルがローソン限定で発売する新商品「ボスカフェ ホワイトラテ」「同 ダークプレッソ」(以下、ボスカフェ)の商品告知・クーポン配信を実施する。併せて、11月12日より、LINE公式アバターサービス「LINE PLAY」内で展開しているローソンの公式ルームに、「ボスカフェ」専用コーナーを設置し、同じ公式ルーム内にある「仮想Loppi」から、実店舗の「Loppi」で引き換え可能な割引クーポンを配布する予定。ローソンの顧客に対して集中的にプロモーションを行う。

【関連記事】
LINE事業売上額は99億円(2013年7-9月期)~ゲーム課金約6割、スタンプ課金約2割に
LINE、ディズニーとスマホ分野におけるビジネス連携拡大
高校生の67.2%がLINE、23.2%がTwitterを利用【Z会調査】
「LINE ウェブストア」国内先行オープン~決済手段拡充によりユーザーの利便性を向上
ユーザー数昨年比460%成長!スマホのポータルを目指す、LINEの3つの新サービスとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5