MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

LINE事業の2014年1Q売上額、前年同期比223%増の146億円に拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/05/08 11:00

 LINE株式会社の2014年1-3月期(1Q)の同社の売上額は180億円、そのうち基幹事業であるLINE事業の売上額は146億円だった。

 LINE株式会社は、5月8日、2014年1-3月期(1Q)の売上額(LINE PLUS・LINE Business Partners・データホテル等の子会社を含めた連結業績)は180億円(前四半期比14%増)、そのうち基幹事業であるLINE事業の売上額は146億円(前四半期比19%増、前年同期比223%増)となったことを開示した。

 LINEの利用者数は引き続き堅調に拡大し、現在4億2,000万人のユーザーに利用されている。直近では、東南アジアやスペインなどユーザー数が多い国・地域に加え、南米における現地企業との共同マーケティングやスタンプのローカライズ、テレビCM放映などにより、チリ、ベネズエラなどでも新規ユーザーが増加している。

ゲーム事業

 引き続き好調に成長している「LINE ポコパン」に加え、2014年以降にリリースした「LINE:ディズニーツムツム」などの新規タイトルがヒットし、利用者および売上の増加につながった。現在提供しているゲームタイトルにおいても、日本語・英語のほかにタイ・台湾などで言語対応を拡大し、海外での利用および売上も増加している。今後も地域特性を考慮し、順次言語対応を拡大していく。

スタンプ事業

 著名なアニメキャラクターや、各国の有名なイラストレーターやデザイナーと協業し、現地の文化に沿った親しみやすいキャラクタースタンプを提供するなど、売上は増加している。特に、イタリア・フランスで現地人気キャラクターを起用したスタンプを提供し、当該地域でのLINE利用者増に寄与した。現在、「スタンプショップ」では約500以上の有名キャラクターを起用したスタンプを展開しており、引き続き拡大を目指す。

広告事業

 世界各国で、公式アカウント・スポンサードスタンプを導入する企業が拡大、さらに、商品を購入したユーザーだけがスタンプをダウンロードできる「LINE マストバイ」の利用も広がっている。また、インセンティブサービス「LINEフリーコイン」は世界8か国で展開し、マーケティングプラットフォームとして存在感を増しつつある。

【関連記事】
LINE、男女50代以上の増加率高~若年層以外への広がりも明らかに【ニールセン調査】
無料版も提供開始!ビジネスアカウント「LINE@」リニューアル
1日3回、話題のニュースをダイジェスト形式で配信!「LINE NEWS DIGEST」スタート
LINEで自作のスタンプが販売できる「LINE Creators Market」、登録受付スタート
コミュニケーション手段はメールからソーシャルへ、LINEは40代以下全年代で30ポイント増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5