MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Criteoのリーチは「Googleディスプレイネットワーク」に次いで2位、日本は88%でトップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/05/21 14:15

 Criteoのパーソナライズされた広告を目にしているインターネットユーザが、1か月間で9億2400万に到達。日本では最も高いリーチを示している。

 Criteoの5月15日の発表によると、同社のパーソナライズされたリアルタイムの広告を目にしているインターネットユーザが、1か月間で9億2400万に達した。この数値はcomScoreの「メディアメトリックス」の月次レポートによって明らかになったもので、Criteoのリーチは、Googleディスプレイネットワークに次ぐ第2位につけている。

 Criteoの広告を見た全世界のインターネットユーザのほぼ50%には、Googleのサーチ広告が表示されていなかったことから、Criteoはサーチ広告に対して付加的な役割を果たしている。

 Criteoの広告を見たインターネットユーザの割合を国別に示すと以下のようになり、日本は88%と最も高いリーチを示している。

【関連記事】
Criteo、北京にオフィス開設、中国での事業を本格化
Criteoが2014年第1四半期の決算を発表、同社過去最高の業績達成
PCでのリーチは依然としてヤフーが突出/スマホネット利用者はPCの約6割にまで拡大
米国の動画視聴者数トップ3はGoogle・NDN・Facebook、広告は53%にリーチ
Facebook、日本でプレミアムビデオ広告を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5