MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

プライベートDMPで不動産業界のマーケティングを変える!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/07/16 14:00

 「不動産業界特化型プライベートDMP」をサービスとして提供する業界に新風を吹き込む取り組みを始めたのは「HOME'S」を運営するネクストと、「smarticA!DMP」を提供するALBERTを中心とした開発チームだ。不動産業界のデータエクスチェンジも視野に入れたそのサービスの全体像について両社に話を聞いた。

不動産業界のマーケティングを変えるプライベートDMP「NabiSTAR」

 1997年創業のネクストは、不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を中心に“人と住まいのベストマッチング”を実現する事業を展開してきた。現在では、賃貸、新築分譲マンションや戸建住宅から、地域情報や介護施設、保険、引っ越しなど、暮らしに関わる情報やサービスを提供。タイ、台湾、インドネシアなど、海外事業にも積極的だ。

 そのネクストが「プライベートDMP」を導入した。それもDMPを使って自社データの活用を行うだけでなく、不動産業界特化型のDMPを開発し、不動産会社各社へサービス提供するという。今回、株式会社ネクスト DMP・CRM推進室 室長 数野敏男氏と、パートナーとして事業に参画した株式会社ALBERT代表取締役社長 上村崇氏の対談が実現した。

上村:新事業「NabiSTAR(ナビスター)」に、ALBERTのプライベートDMPを採用していただきましたが、そもそもこの事業に取り組むきっかけは何だったのでしょう。

株式会社ネクストHOME'S事業本部 分譲営業部 部長 兼 DMP・CRM推進室室長の数野敏男氏
株式会社ネクスト HOME'S事業本部
DMP・CRM推進室 室長
数野敏男氏

数野:まず、現在のネクストのビジネスは不動産・住宅情報サイト「HOME'S」の運営が中心ですが、これから企業として、さらに成長を続けていくなかで、「HOME'S」に続く新しい事業領域をつくっていきたいというのが根底にありました。

 「HOME'S」はエンドユーザーに向けた不動産情報のマッチングサイトです。一方で我々は多くの不動産会社とおつき合いし、取引をしています。クライアントである不動産会社に対して広告だけではない新しい提供価値を模索していく。いわゆる“BtoB”のサービスや事業を新たに立ち上げたいと考え、中でもDMP事業がひとつの選択肢として挙がりました。

 今はインターネット技術の革新により、企業が保有する顧客データや行動ログデータなど、あらゆるデータを活用することで、個人にフォーカスして情報を最適化していくことができる時代。IT化が遅れがちな不動産業界においても、今後はそれが必要になってくるのではないかと考えました。

上村:NabiSTARは、プライベートDMPを不動産会社に提供し、各社のデータを用いてパーソナライゼーションを実現するマーケティング支援サービスですね。

数野:基本的にはプライベートDMPがサービスの中心です。不動産会社が持っている各種データがひとつのベースになりますが、そこにHOME'Sのサイトを利用しているユーザーの属性情報や行動履歴、これらを掛け合わせ、ユーザーごとに表示する情報・コンテンツの最適化を行う仕組みになっています。

 Cookieをベースに収集する不動産会社保有の自社サイト上のユーザー行動ログ。さらに、反響、来場、契約というアクション時に取得するデモグラフィック情報(CRM情報)。それらとHOME'Sが所有しているユーザー行動ログやCRM情報を掛け合わせて、ユーザー個人の興味・関心や希望条件、住まい探しの検討度合いなどを分析しながら、最適なコミュニケーションを実現するソリューションを提供しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5