MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

20代女性の約3割がリタゲ広告経由で商品購入経験あり/頻繁に同じ広告が表示されると意識し始める?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/09/26 10:30

 ジャストシステムが行った調査から、20代女性の約3割がリターゲティング広告経由で商品購入経験あることが明らかになった。

 ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、事前の調査で「平均して1日に11サイト以上WEBサイトを閲覧している」と回答した10~60代の男女1,255名を対象に『リターゲティング広告に関する調査』を実施した。

約2割が、趣味や嗜好に合った広告から購入経験あり

 直近3か月間で、自分の趣味や嗜好に合う商品・サービスの広告表示が頻繁に表示されたとき、どのような行動をとったかを聞いたところ、17.3%が「広告商品を購入、または申し込みをした」経験があると回答。また、56.5%がその広告を「クリックをした」経験があると答えた。

20代女性の約3割が、リターゲティング広告経由で商品購入経験あり

 ECサイトで商品閲覧後に対象商品のリターゲティング広告が表示された場合、20代女性の15.3%が「その広告商品を購入、または申し込みをした」と回答した。また、「その広告をクリックし、別の商品を購入した」人も13.5%にのぼり、合計すると、約3割の20代女性がリターゲティング広告により、その商品や類似商品を購入したことがあるようだ。

表示される広告がいつも同じ場合、3人に1人が「気になりはじめる」

 さまざまなサイトを訪れているのに、表示される広告がいつも同じ広告だった場合、「その広告が気になり始める」かについて、7.7%が「あてはまる」、27.3%が「ややあてはまる」と回答。3人に1人は、頻繁に同じ広告が表示されると、その広告を意識しはじめるようだ。

 一方、「しつこいと感じる」かについては36.8%が「あてはまる」、36.2%が「ややあてはまる」、「その広告商品のイメージが悪くなる」については17.9%が「あてはまる」、26.7%が「ややあてはまる」と回答しており、リターゲティング広告の利用には、工夫が必要と言える。

約半数が「自分に関係ない広告の表示より良い」

 リターゲティング広告の仕組みを理解したうえで、リターゲティング広告の印象を聞いたところ、「自分にとって無意味な広告が表示されるより良い」について、9.2%が「あてはまる」、36.3%が「ややあてはまる」と回答。ここから約半数が「自分に関係ない広告表示より良い」と思っていることが明らかに。一方で「情報が漏れているように感じて嫌な気持ちになる」について「あてはまる」は27.5%、「ややあてはまる」人は35.3%と、否定的な印象を持つ人もやはり多いようだ。

【調査概要】
実施期間:2014年9月16~18日
調査対象:Fastaskのモニタのうち、スマートフォン利用者の10~60代の男女
有効回答数:1,255
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

【関連記事】
Criteo、英米のディスプレイリターゲティング企業第1位に~リテイルサイト市場のシェア英国で41%
サイバーエージェント、スマホに特化したダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst」を開発
Criteo、メールターゲティング・リターゲティング企業Tedemisを買収
GMOメイクショップ、ショップ再訪を促すリターゲティング広告をFacebookへ配信可能に
「MicroAd BLADE」と「Rtoaster Ads」が接続~ダイナミックリターゲティング広告提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5