MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ウェアラブルデバイスの世界市場規模、2015年には1億台突の見込み【矢野経済研究所調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/10/15 10:30

 矢野経済研究所が行った調査では、ウェアラブルデバイスの世界市場規模は2013年約671万台で、2015年には1億台まで拡大すると予測された。

 矢野経済研究所は、ウェアラブルデバイスの世界市場に関する調査を実施した。

ウェアラブルデバイスとは、身体に装着して使用するIT機器の総称で、スマートフォンと連携させて使用する端末。スマートフォンの機能を補完する役割のほか、ウェアラブルデバイスに搭載されたセンサーを通じて、バイタルデータ、ライフログ等のデータをインターネット・クラウドサービスに送信する機能を持つ。主なウェアラブルデバイスとしてメガネ型デバイス「スマート

ウェアラブルデバイスの世界市場規模、2015年には1億台突破か

 2013年のウェアラブルデバイスの世界市場規模は、メーカー出荷台数ベースで671万5,000台、分野別ではスマートバンド439万台、スマートウォッチ229万5,000台であり、スマートバンドが世界市場を牽引している。2015年には全体で1億480万台、2017年には2億2,390万台まで拡大すると予測。

 スマートウォッチ市場は、Apple Watchの評価が高まれば急拡大する見込み。スマートバンドは、体温、心拍数、血圧測定などの「ヘルスケア端末」として、世界的なビジネス拡大が期待される。

ウェアラブルデバイスの国内市場規模、2016年度には1,000万台超の予測

 2013年度のウェアラブルデバイスの国内市場規模は、メーカー出荷台数ベースで53万3,000台、分野別ではスマートバンド33万2,000台、スマートウォッチ20万台であった。2016年度には全体で1,000万台を超えると予測。

 国内市場においては、ウェアラブルデバイスのへの認知は高まりつつあるものの、本格的な普及には至っていないようであるが、通信事業者を中心とした、端末やサービス展開とともに、認知が広まることで、国内ウェアラブル市場は拡大するだろう。

【調査概要】
調査期間:2013年6月~2014年8月
調査対象:携帯電話・スマートフォンメーカー、コンピューターメーカー、国内半導体メーカー、関連業界団体等
調査方法:同社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

【関連記事】
DNP、眼鏡型ウェアラブル端末「スマートグラス」向けデジタル雑誌&電子書籍を開発
6割超がウェアラブル端末「知らない」/利用意向は1割に【MMD研究所調査】
ウェアラブルコンピューティングにおけるイノベーションのカギは“人機一体”/「JINS MEME」、2015年春発売
Amazon.com、ウェアラブルデバイス専門ストアを開設
ウェアラブル端末向けの広告市場、今後数年の見通し【米シスコシステムズ調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5