MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ROIの壁を超えるために! 現場のマーケター目線で作られた「GMOプライベートDMP」が与える価値

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/03/31 10:00

 GMO NIKKOがネット広告配信機能を強みとした、自社開発プライベートDMPの提供を開始した。現場のマーケターが直感的に使いこなせるよう、従来のプライベートDMPが持つ様々な課題をクリアにしたという同DMP。その開発の背景と、プライベートDMPが与える価値を同社代表取締役社長 橋口誠氏に聞いた。

強みは総合インターネットグループならではの細やかさと柔軟さ

 インターネット広告領域を牽引してきたGMO NIKKOが、プライベートDMPをリリースした。インターネット上に多種多用に蓄積されるビッグデータを的確に分析し、広告プランの最適化を実現するDMP(Data Management Platform)。今回提供される「GMOプライベートDMP」は、その名の通り、顧客データや購買情報、各種プロモーション結果など、自社保有のマーケティングデータを集約・活用できるプライベートDMPだ。

 GMOインターネットグループでゼロベースから内製している同DMPは、ビッグデータを高速で処理するパフォーマンスを備えつつコストを抑え、運用段階には専門チームがコンサルティングサポートを行う点が特徴だという。自社で開発するに至った背景と、同DMPが提供する価値について橋口氏に聞いた。

GMO NIKKO株式会社 代表取締役社長 橋口誠氏
GMO NIKKO株式会社 代表取締役社長 橋口誠氏

 「当社が広告マーケティングのプランニングやコンサルティングサービスを展開するなかで、クライアント様からの、リスティングやソーシャルなどの運用型広告に対する期待も大きくなっており、シェアが拡大していることを実感しています。一方で、DMPは2年ほど前から話題になっており、当社でも1年程前から、ツールベンダーが提供するプライベートDMPをクライアント様に広告と一緒に提案しています。

 ですが、実際にプライベートDMPの提案をはじめてから、さまざまな課題が見えてきました。その一つが、自社に合ったカスタマイズが難しい点です。例えばプライベートDMPによっては、システムはベンダーが作っていても、サーバーは他社のサービスを使っていることがあります。するとどうしても、「ここからは対応の範囲外」という境界が出てきてしまいます。

 そこで、「それなら自分たちで作ってしまおう」と考えたのです。GMOインターネットグループは高い開発力や、広告運用のノウハウがあります。さらにはグループ内で、サーバー構築・運用サービスも提供しています。そのため信頼できるサーバー環境のもと安全性を保ちながら、クライアント様の仕様に合わせたカスタマイズにも、柔軟な対応が可能です」(橋口氏)

運用経験があるからこそ気付けた「こだわり」が詰まっている
運用経験があるからこそ気付けた「こだわり」が詰まっている

目指したのは、マーケターが直接データに触れられるUI

 既存のプライベートDMPについて、クライアントから寄せられる最も大きな共通課題が「使い方の難しさ」だという。

 「SQLといったコードを打つまではいかなくても、セグメントを切るための設定が複雑など、いざ使おうとすると現場マーケターの手には負えない。専門のエンジニアや分析官が必要になってくる場合が意外と多いのです。そこで我々は、マーケターが直感的に操作できるようなインターフェイスにこだわり、PDCAを効率良く回して、より早く結果を出せるようにしました」(橋口氏)

セグメント設定画面(上)、ダッシュボード画面(下)
セグメント設定画面(上)、ダッシュボード画面(下)

 「例えば広告を運用する際に、最初に立てた仮説が正解で完璧な結果が出る、ということはほとんどありません。セグメントを変えてみよう、期間をのばしてみよう、購買頻度を変えてみよう、単価を変えてみようなど何度もトライ&エラーをする必要があります。現場がプライベートDMPを簡単に操作できることで、そのリトライが安易になる。これが我々のツールが提供する一番大きな価値だと考えています。

 具体的には、当社のプライベートDMPならばセグメントを作成する際の条件設定も、ドラッグ&ドロップで視覚的に操作が可能です。さらに、設定した条件でセグメントした場合のユーザー数も、すぐに表示できます。これまでは、マーケターがツールの運用担当者や提供企業にセグメント化を依頼して、その結果を見て、広告を打つセグメントを判断する、というフローも珍しくありませんでした。非常に手間も時間もかかっていたわけです。

 当社のプライベートDMPはマーケター自身がDMPを操作して、数字を見ながら条件を変えてリトライできる。それだけでも作業時間をかなり短縮できます。実際に当社グループ内では、このプライベートDMP導入でPDCAサイクルがどんどん速くなっています。

 また我々は広告会社ですので、広告をはじめとするWebコミュニケーション施策に最新のデータをすぐに反映できるかといった、リアルタイム性を活かした連携を大切にしました。広告会社目線が入ることで、運用担当者レベルでの使いやすさにつながると考えています」(橋口氏)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 東城ノエル(トウジョウノエル)

    フリーランスエディター・ライター 出版社での雑誌編集を経て、大手化粧品メーカーで編集ライター&ECサイト立ち上げなどを経験して独立。現在は、Webや雑誌を中心に執筆中。美容、旅行、アート、女性の働き方、子育て関連も守備範囲。

  • 関口達朗(セキグチタツロウ)

    フリーカメラマン 1985年生まれ。 東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。大学卒業後、小学館スクウェア写真事業部入社。契約満期後、朝日新聞出版写真部にて 政治家、アーティストなどのポートレートを中心に、物イメージカットなどジャンルを問わず撮影。現在自然を愛するフリーカメラマンとして活動中。

関連リンク

バックナンバー

連載:業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5