MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ISID、東南アジアのデータ分析に特化した「データインテリジェンスセンター」を新設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/08/24 19:00

 電通国際情報サービスは、東南アジアのマーケティングに特化した新組織「データインテリジェンスセンター」を設立。東南アジアおよび周辺国と地域のウェブサイトやソーシャルメディアの膨大なデータを分析したコンサルティングサービスを提供する。

 電通国際情報サービス(以下ISID)の子会社であるISI-Dentsu South East Asia は、東南アジア諸国のマーケティングに特化したデータサイエンス専門組織「データインテリジェンスセンター」の新設を発表した。同組織は、シンガポール、タイ、インドネシアに専任メンバーを配置し、ISIDグループ拠点と連携して、グローバルなデジタルマーケティングサービスを提供する。

 現在、東南アジア諸国は2015年末のASEAN経済共同体の発足に向け、物品やサービス、投資分野の自由化が進んでおり、世界各国から企業が続々と進出している。しかし、同地域は多様な言語、文化、慣習、宗教等が存在し、市場を取り巻く環境が非常に複雑であるため、各地域の顧客の特徴を捉えたマーケティングを行うのが非常に難しいのが現状だ。

 同組織では、東南アジアおよび周辺国と地域のウェブサイトやソーシャルメディアの膨大なデータをもとに、各国の市場環境を熟知した専門家が機械学習や人工知能などのテクノロジーを駆使した高度なデータ解析を行う。そして、その結果を販売促進、製品開発やリスクマネジメント等に活用するためのコンサルティングサービスを提供する。

【関連記事】
電通、テレビ×デジタル広告出稿最適化ツールを開発、クロスメディア出稿ニーズに対応
電通、インフォバーン等4社、企業のイノベーション創発を支援するタスクフォース「DSquad」立上げ
電通、テレビ×デジタル広告出稿最適化ツールを開発、クロスメディア出稿ニーズに対応
ブックオフ、電通ブルーのチャットアプリ×ブログウォッチャーのBeaconでO2Oキャンペーン実施
電通、スマートテレビ事業を推進するHAROiDへ出資~テレビ体験価値にイノベーションを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5