MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

CTCとアサヒビール、クラウド型予測分析ソフト活用した飲食店向けビッグデータ分析の協業を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/09/01 08:00

 8月31日、伊藤忠テクノソリューションズとアサヒビールは、米APT社のクラウド型予測分析ソフトウェア「Test&Learn」を使用して、飲食店向けに利益への影響を測定する取り組みを開始した。

 伊藤忠テクノソリューションズとアサヒビールは、飲食店向けのビッグデータ分析についての協業を開始した。同サービスは、米Applied Predictive Technologies(APT社)のクラウド型予測分析ソフトウェア「Test&Learn」を使用して、メニュー変更やプロモーションなどの施策が、飲食店の売上や利益、お客様の来店や注文にもたらす影響を測定し、ビジネス改善の機会を特定するもの。

 飲食店が導入を検討している施策について、POSデータやAPT社が独自に調査する地域特性に関連するデータから、施策に適切な実験店舗を割り出し、売上や利益、来店客数、客単価などへの施策の貢献度を実験を通して算出が可能。新商品の導入から割引キャンペーン、広告展開、店舗のレイアウト変更、従業員の研修など、様々な施策で活用することができる。アサヒビールでは全国に店舗展開する外食企業の経営支援ツールとして活用していくことを想定している。

【関連記事】
ビッグデータ解析のUBIC、マーケティング事業に特化した子会社を設立
ホットリンクがクチコミ@係長を更新、リアルタイムなソーシャル・ビッグデータ活用を強化
テレビ朝日とKDDIが業務提携、スマホ動画コンテンツの企画立案に通信キャリアのビッグデータ活用
統計数理研究所×SAS、ビッグデータ分析の研究基盤「ビッグデータ イノベーションラボ」設立
DNPとIBM、ビッグデータ分析基盤の構築でより高度なマーケティング活動を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5