MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

インスタグラム、広告配信の規模拡大~サイト誘導やアプリインストールの促進可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/09/10 08:00

 インスタグラムの広告が、全世界30か国以上で利用可能となる。日本でも、これまで利用できなかったダイレクトレスポンス型広告やカルーセル広告の活用が可能となる。

 フェイスブック社は、これまで8か国で展開していたインスタグラムの広告配信を、9月30日までに全世界で展開することを発表した。日本では、2015年5月よりインスタグラム広告の取り扱いが開始されていたが、今回新たに広告機能の追加と、利用可能な広告形式が増強される。

新機能

  • 広告コンテンツに映画的な雰囲気を加味できる「“横長”写真または動画」
  • 豊かなストーリーテリングが可能な「最大30秒の動画広告」
  • 短期間で認知向上とリーチを図ることが可能な新プレミアム広告「マーキー」
  • インスタグラムとフェイスブックを横断したキャンペーンの効果最大化ツール

日本で利用可能となる広告

  • ダイレクトレスポンス型広告:ウェブサイトからの登録や商品の購入、アプリのダウンロードなど直接的な行動の促進が可能
  • カルーセル広告:複数の写真広告をスライドショー式で展開。2枚目以降の写真にリンクボタンが設置でき、ブランドのサイトへと誘導することが可能

 新広告形式の導入による効果は既に出ている。例えば、「米国ギルト・グループ」は、新規の顧客獲得のために、インスタグラムの広告キャンペーンを実施したところ、アプリのインストール率を85%上昇させた。また、オンラインショップ「Made.com」は、通常のベンチマークを10%超すオーダー金額を記録している。

【関連記事】
100名超のインスタグラマーをネットワーク化!タグピク、インスタグラムに特化したPR事業スタート
インスタグラム、月間アクティブ利用者数3億人突破!米国以外のユーザーは7割を占める
Instagram、「横長」と「縦長」のフォーマットで画像加工が可能に
ユーザーローカル、Instagram解析ツールを発表
女性に影響力高いInstagram投稿は衣・食関連/食の投稿見た4割が購入経験有【トレンダーズ調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5