MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソネット・メディア・ネットワークス、テレビCMとインターネット広告の相乗効果を実証実験により確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/10/19 12:00

 ソネット・メディア・ネットワークスは、ゼータ・ブリッジと共同開発した「テレビCMリアルタイム連動型広告配信」において、テレビCM放映後のDSPによるインターネット広告配信(バナー広告)の効果を測定する実証実験を実施。一定の相乗効果を確認した。

 ソネット・メディア・ネットワークスは、ゼータ・ブリッジと共同開発した「テレビCMリアルタイム連動型広告配信」において、ピーチ・ジョンのテレビCM放映後のDSPによるインターネット広告配信(バナー広告)の効果を測定する実証実験を実施した。

テレビCM放映後の配信から30分以内のCTR上昇率
テレビCM放映後の配信から30分以内のCTR上昇率

 各時間帯でCM放映後、60分以内に広告を配信し、「放映から30分間以内」と、「放映から31分以降」のCTR上昇率を比較したところ、全時間帯におけるテレビCM放映後の広告配信のCTRは、30分以内の広告配信が、31分以降広告配信のCTRよりも高い傾向を確認した。また、全時間帯と比較し、CTRが高くなる傾向がみられたのは、7~9時台、22~24時台の放映後に広告を配信した場合であった。これまで、テレビCMとインターネット広告の連動における相乗効果について様々な考察があったが、実証実験の結果から、テレビCMとDSP(インターネット広告配信)の連動配信をすることで、CTRを向上させることがわかった。

【関連記事】
メタップス、スマートフォン動画広告とTVCM効果を統合分析できるツール提供
テレビCM出稿量が多いほど、動画広告を出稿する割合が高い傾向に【VRI調査】
TVCM×FB動画広告で「ターゲットリーチ率」「広告認知率」「ブランド評価」向上【博報堂調査】
博報堂、TVCM×オンライン動画広告キャンペーンの広告効果予測プラニングツール提供開始
博報堂とメタップスが業務提携、TVCMとweb、アプリ広告組み合せたアプリ集客ソリューション提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5