MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

TVCM×FB動画広告で「ターゲットリーチ率」「広告認知率」「ブランド評価」向上【博報堂調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/08/06 14:30

 博報堂DYメディアパートナーズは、Facebookと「TVCM×Facebook動画広告のクロスメディア広告効果調査」を実施。同掛け合わせで「ターゲットリーチ率」「広告認知率」「ブランド評価」が高まることがわかった。

 博報堂DYメディアパートナーズは、Facebook JapanとTVCMとモバイル動画広告を掛け合わせることで、コミュニケーション活動の効率を高める仕組みの構築を目指し、「TVCM×Facebook動画広告のクロスメディア広告効果調査」を行った。

 その結果、TVCMとFacebook動画広告を掛け合わせることで、それぞれを単体で実施するよりも、「ターゲットリーチ率」「広告認知率」「ブランド評価」等において広告効果が高くなる傾向がみられた。

リーチにおいて効果があるのは若年層

 TVCMとFacebook動画広告を掛け合わせた結果、TVCMもしくはFacebook動画広告単体よりターゲットリーチ率が向上した。特に若年層での向上効果が顕著であった。

ターゲットリーチ率(清涼飲料キャンペーン)

重複接触によって上がる広告認知率とブランド評価

 TVCM、Facebook動画広告の重複接触によって、最も高い広告認知率と最も高いブランド評価(商品認知、商品購入利用意向など)が得られた。

広告認知率とブランド評価(清涼飲料キャンペーン)

【調査概要】
 調査対象としたキャンペーン:2015年3月に実施された3業種・3キャンペーン
               ※3業種:自動車、清涼飲料、健康系飲料
 Facebook動画広告の仕様:TVCMとFacebook動画広告ともに同じ広告素材を使用
 調査運営/実施:ビデオリサーチインタラクティブ
 調査対象者:関東地区/男女20-69歳のインターネットユーザー
       各キャンペーン3万5千人以上、延べ約10万5千人

【関連記事】
ゲームアプリのダウンロード理由、テレビCMがスマートフォン広告を逆転【MMD研究所調査】
ソーシャルメディアとの融合でテレビが変わる/日経BP社「ソーシャルテレビ・アワード 2015」発表
在京民放5社が民放公式テレビポータル「TVer」を今秋スタート、放送中の番組を広告付きで無料配信
電通、スマートテレビ事業を推進するHAROiDへ出資~テレビ体験価値にイノベーションを
デジタル広告にテレビ視聴率と同様のGRP指標を/「ニールセン デジタル広告視聴率」日本導入へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5