MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

思想が伝わるウェブサイトを/人の心を動かすコンテンツで、ブランドの世界観を確立したremyの成功事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/11/06 10:00

 料理愛好家の平野レミ氏をスーパーバイザーに迎え、昨年立ち上がったブランド「remy」。同ブランドのウェブサイトでは、平野氏のレシピだけでなくコラムや動画、そしてオリジナルの商品まで、幅広いコンテンツを発信して多数のファンを魅了している。そのサイトづくりに活用されているのが、フラクタが提供するブランドマネジメントシステム「FRACTA NODE(フラクタ・ノード)」。その経緯や成功の秘訣を、remy 代表の和田率氏とフラクタ COO WEBプロデューサーの坂野隆志氏にうかがった。

「幸せはキッチンから生まれる」という考え方を世の中に広める

  もとは広告代理店のCMプランナーだった和田氏。独立して「remy」を立ち上げたきっかけは、平野レミ氏の「幸せはキッチンから生まれる」という考え方を、自身が父親になって深く実感したことだという。

株式会社remy 代表 和田率氏

 「サラリーマン時代は、ほぼすべて外食でした。朝のコンビニ弁当から始まり、昼はファストフード。編集スタジオではお菓子漬けになり、仕事終わりは深夜のラーメンでシメ、なんて日もよくありました。めちゃめちゃでしたね。でも、結婚して子どもが生まれてからは、家でごはんを食べることが多くなった。子どもたちを見ていると、食べたものがそのまま血となり肉となり、あっと言う間に大きくなる。食べものによって健康状態もコロコロ変わる。そんな様子を見ていると、 “どう食べるか=どう生きるか”という意識が強くなってきました。平野なんか、何十年も食べものに気を使ってきたおかげで、人間ドックで“レミさんあと5年間は来なくていいですよ”と言われたくらいですからね(笑)。“健康で幸せな暮しは、キッチンから生まれる”と平野は言いますが、それもあながちウソではないな、と。それを支えるのは、おいしい!と思えるごはんであり、ごはんを作ろう!と思える気持ちであり、ごはんを作りたい!と思える道具であり、こうした要素を束ねて世の中に発信したら、喜んでくれる人も多いんじゃないかな、と思ったんです」(和田氏)

 さらに平野氏自身も、Twitterで30万人超のフォロワーを抱え、ネットの波及力を実感しており、「せっかく便利な世の中になったんだから、美味しいレシピをもっと広める方法は何かないの?」と和田氏にリクエストしていたという。

 「それまでは、企業のメッセージをテレビCMを通して人に届ける、という仕事をしていましたが、remyでも、やっていることは基本的に同じなんです。いまは、“幸せはキッチンから”というメッセージを、レシピやコラム、商品を通して発信している。そこにあるのは、言葉であり、コンテンツであり、商品であり、コミュニケーションという意味では、使っている脳みそはあまり変わってないんです」(和田氏)

ただのレシピサイトでは意味がない。心に届くプラットフォームづくり

 「サイト制作の発注先は身近な友人のウェブデザイナーから小さな制作会社、大きな物流会社の通販サービスまで相当数検討しました。その中でたどり着いたのがフラクタさん。作品に土屋鞄製造所さんのサイトがあったんですが、ブランドの想いやメッセージがきちんと表現されていることが伝わってきたので、ここなら安心してお願いできると思いました(参考ページはこちら)」(和田氏)

 サイトは、remyの軸である“幸せはキッチンから”を伝えるための大切なプラットフォーム。システムもビジュアルも一切妥協しなかったという。

 「レシピがたくさん載っているサイトは無数にあるけど、remyでは、量ではなく質的な部分を大切にしました。ただでさえ簡単な平野の料理を、サルでも分かるようなアイコン付きで紹介したり。短尺の動画作品で表現したり。また、コラムページと相互リンクを張り、そのレシピの世界観をストーリーと共に紹介したり。ストーリーがあるレシピほどリピーターも多いから不思議です。料理って、たぶん、ただお腹を満たすだけじゃなく、どんな想いでその料理はつくられたのか、その食材にどんなストーリーがあるのか、それを食べるとどんな会話が広がるのか、っていう部分に本質的な価値があると思うんです。極端な話、味覚よりも気分の方が、“おいしい”って感じさせるパワーがあるんじゃないかな、と。商品開発もそう。いま、10種類以上の商品開発が進んでいるんですが、基本的に、物語として面白くならない商品は、作らないようにしています」(和田氏)

平野レミさんのオフィシャルサイト「remy」

 オリジナル商品が並ぶストア内も、商品スペックよりも、どういった思いから生まれた商品なのか、それがユーザーに何をもたらすのかが、レシピやコラムと共に丁寧に添えられている。ECではあるが、物を売るためというよりも、考え方を広めるためのサイトなのだ。(参考ページはこちら)

 「サイトの構造としては、一番上に思想があって、その下に、それを体現するコラム・レシピ・商品が横並びである感じですね。まずは、料理に親しんでもらうことが第一なので、レシピについては“うちの商品を使わなくても作れるよ!”なんてコメントも載せているくらい」(和田氏)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:フラクタが描く、ECサイト×ブランディングの未来

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5