MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2015年のスマホ広告市場、3,717億円/2020年には2015年の2倍と予測【CyberZ調査】

2016/04/21 09:00

 CyberZは、デジタルインファクトと共同でスマートフォン広告市場動向調査を行った。その結果、市場規模は3,717億円で前年比123.6%という結果となった。

 CyberZは、シード・プランニングのデジタル領域の市場・サービス調査機関であるデジタルインファクトと共同で、スマートフォン広告市場動向調査を行った。

 本調査では、スマートフォン広告を「検索連動型広告」、「ディスプレイ広告」、「成果報酬型広告」の広告商品に分類。そして、それぞれの2015年のスマートフォン広告出稿額を推計し、市場規模予測を算出している。

 また、現在スマートフォン広告市場において、有望な成長領域とされている「リエンゲージメント広告」の市場規模予測も今回新たに算出した。

2015年のスマホ広告市場規模、前年比123.6%という結果に

 2015年のスマートフォン広告市場は順調に成長し、市場規模は3,717億円で前年比123.6%という結果となった。

 主な背景としては、スマートフォンの利用が世代を問わず幅広く進み、メインの情報端末として定着した点、オンライン上でビジネスを行う多くの企業もスマートフォンを主なチャネルとして位置づけるようになった点が挙げられる。

 また、ゲームアプリなど急成長を遂げた一部のスマートフォンビジネスの領域は、安定成長期へと移行し、広告主のプロモーションにおけるスマートフォンの位置づけや、利用目的が変わりつつある。このため広告主のスマートフォン広告への需要のあり方にも変化が見られ、新しいメディアや広告フォーマット、広告商品への注目が集まったことも背景に、今回の結果となった。

広告商品別ではディスプレイ広告の占める割合が約6割に

 2015年のスマートフォン広告商品別市場規模は、検索連動型広告市場が1,380億円(前年比115.0%)、ディスプレイ広告市場は2,225億円(前年比135.0%)、成果報酬型広告市場が112億円(前年比70.0%)となった。また、ディスプレイ広告の全体に占める構成比は約6割にまで増加した。

 また、今回の調査では、広告商品別動向の動向も発表された。

検索連動型広告

 検索連動型広告は、スマートフォンユーザーの検索利用の定着による検索クエリ数の増加や、広告配信精度の改善などにより、1検索クエリあたりの広告収入が増加し、順調な成長が見られた。

ディスプレイ広告

 ディスプレイ広告は、ソーシャルメディア向け広告商品が充実し、動画広告やインフィード広告など、スマートフォンの特性を活かした広告商品が新しい広告主層を開拓し、投資意欲を高めた。この結果、2014年に引き続き高水準の成長率となった。

 一方、スマートフォン広告を出稿する大手広告主のプロモーション目的の変化や手法の高度化により、ディスプレイ広告商品の出稿先媒体や広告フォーマットに対する嗜好の変化が見られた。

 また、成長の一因となった動画広告は、スマートフォンにおけるユーザーの動画視聴が定着。スマートフォンならではの効果的な表現方法が可能な広告商品が数多く台頭し、ソーシャルメディア上での活用が活性化したことで、2015年は昨年対比272%成長(2015年10月、サイバーエージェント調べ)と需要が大きく拡大した。

成果報酬型広告

 成果報酬型広告は広告主の事業フェーズ移行による需要動向の変化や、他の広告商品との競合性が高まり、前年に対して顕著な減少が見られた。

広告主のニーズがリエンゲージメントへと変化

 2016年のリエンゲージメントディスプレイ広告出稿額は69億円に到達すると同調査では予測した。

 ゲームアプリやEC運営者などの広告主は、これまで新規ユーザーの獲得を目的にスマートフォン広告を活用してきたが、新規ユーザーによる需要が一巡した。そのため現在は、既存ユーザーといかに関係性を深め、収益を高めていくかということへの関心が高まりつつある。

 また、スマートフォン広告技術の伸展により、新しいユーザー導線を確保し、広告主が求めるユーザーとのコミュニケーションが可能となる広告手法も登場。特に大手事業者を中心にリエンゲージメントディスプレイ広告商品の提供が開始され、広告主への提案も進んでいる。

 これらを背景に、リエンゲージメントディスプレイ広告需要は2016年に急速な市場形成が進み、先述の69億円に達するという予測に至った。

 また今後、アプリプロモーション需要の継続的な拡大に合わせて、リエンゲージメント広告商品の拡充も進み、アプリプロモーション手法として定着、2020年の市場規模は350億円に達することが予測される。

2016年も好調に推移

 2016年のスマートフォン広告市場に関して、同調査では4,542億円と前年比122.2 %と好調に推移すると予測した。

 これは2015年に続きスマートフォンならではのコンテンツ消費形態に合わせた、親和性の高い広告商品の拡充が進み、また広告主層の広がりとともに、広告出稿意欲が高まるとの予想から、今回の規模となった。

 広告商品別では、検索連動型広告が1,559億円(前年比113.0%)、ディスプレイ広告市場は、2,893億円(前年比130.0%)、成果報酬型広告90億円(前年比80.4%)と予測した。

 検索連動型広告市場は、ユーザーの1検索あたりの収益性の改善が続き、市場規模を底上げしながら、好調に推移すると予想される。ディスプレイ広告市場は、ソーシャルメディアを中心に、新しい魅力的な広告商品の登場が相次ぎ、引き続き高い成長率を維持する見通しだ。成果報酬型広告に関しては、単価の下落や出稿件数の減少により、漸減傾向が続くことが見込まれる。

2020年には2015年の約2倍という市場規模と予測

 2016年以降、スマートフォン広告市場は好調を維持し、2020年には2015年の約2倍、7,500億円規模に到達すると同調査では予測した。

 その理由としては、スマートフォン広告は、テレビ広告などマスメディア広告のリーチが比較的困難な若年層ユーザーへのリーチを得意とするという認識が定まった点が大きい。また、従来のインターネット広告には見られない新しい広告手法や広告表現を用いた商品も登場し、主要メディアとしての一定の地位を築いたことも一因となっている。

 また今後は、位置情報を活用したO2O(Online to Offline)に関する広告商品の伸びが予想されるなど引き続き新しい広告主層への普及が進み、更なる市場の活性化が期待される。

【調査概要】
調査主体:株式会社CyberZ
調査時期:2016年2月から2016年3月
調査方法:スマートフォン広告市場関係者へのヒアリング、
     調査主体ならびに調査機関が保有するデータ、公開情報の収集
調査対象:スマートフォン広告市場ならびに関連市場
調査機関:デジタルインファクト(株式会社シード・プランニング)

【関連記事】
2014年スマホ広告市場規模、前年比1.6倍の3,000億円超に【CyberZ調査】
Instagramの認知率、7割強に/10代の接触頻度高いのは「スマホ広告」【ジャストシステム調査】
CyberZ、2つのスマホ広告マネジメントツールがInstagramに対応~広告運用をフルサポート
CyberZのスマホ広告向けソリューションツール、ソーシャルメディアのリエンゲージメント広告強化
ゲームアプリのダウンロード理由、テレビCMがスマートフォン広告を逆転【MMD研究所調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5