MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

阪神沿線に「オープン型宅配ロッカー」設置、クロネコメンバーズは駅で再配達の荷物を受取り可能に

2016/08/30 08:30

 阪神電気鉄道など3社は、西宮駅の近隣駐輪場内に「オープン型宅配ロッカー」を設置する。クロネコメンバーズのユーザーは、再配達先として宅配ロッカーを利用できるようになる。なお、芦屋駅、大石駅、西灘駅の駅構内にもロッカーが設置される予定。

 阪神電気鉄道、阪神ステーションネット、及びエキ・リテール・サービス阪急阪神は、9月1日から、「オープン型宅配ロッカー」を通じた荷物の受取りサービスを、阪神電車の一部の駅構内及び、近隣の場所で開始する。

 「オープン型宅配ロッカー」は、ヤマト運輸の個人会員(クロネコメンバーズ)を対象として、自宅で荷物を受取ることができなかった際に、再配達先として宅配ロッカーを利用いただけるサービス。なお、将来的には、他の宅配事業者の荷物の受取りや、通販サイトで商品を購入した際の初回配達時の受取りも可能とする予定。

 9月1日から西宮駅の近隣駐輪場内に設置し、同月中には芦屋駅、大石駅、西灘駅の駅構内にも設置する予定。今後は、利用状況等を踏まえ、設置駅の拡大も検討する。

【関連記事】
東急電鉄と東急ストア、ネットスーパー受け取り用ロッカーの試験運用を綱島駅で開始
宅配ロッカー「楽天BOX」試験運用開始~配達時間を気にせずに商品受取が可能に
DeNA×ヤマト運輸、自動運転を活用した次世代物流サービスの開発を目指し2017年3月から実験へ
メルカリとヤマト運輸、集荷を開始~大きな荷物も「らくらくメルカリ便」で簡単に配送可能に
minneとヤマト運輸がシステム連携を開始、ハンドメイド作品の販売・購入しやすい環境の構築目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5