MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

minneとヤマト運輸がシステム連携を開始、ハンドメイド作品の販売・購入をしやすい環境の構築目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/12/15 08:30

 ハンドメイドマーケット「minne」と、ヤマト運輸が、12月14日よりシステム連携を開始した。これにより、minneで作品を販売する会員は、送り状の自動印刷や、追跡サービスなどが利用できるようになった。

 GMOペパボが運営するハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」と、ヤマト運輸が、12月14日より「宅急便コンパクト」および「ネコポス」を利用する際のシステム連携を開始した。加えて、オリジナルデザインの梱包資材「minne×ヤマト運輸オリジナルBOX」の販売も、同日より特設サイトで始まった。

 今回の連携によりminneで作品を販売している会員(以下、作家)は、「宅急便コンパクト」「ネコポス」で発送する場合、2次元コードをヤマト運輸営業所の「ネコピット」端末にかざすだけで、内容が自動印刷された専用の送り状を取得できる。また、同システム利用時は「minne」からの作品売上振り込み時に送料を相殺して支払うため、事前に送料を負担する必要もなくなる。送料も全国一律で通常価格よりも安価に利用できるようになっている他、追跡サービスなどのサポートも用意されている。

【関連記事】
CtoCハンドメイドマーケット「minne」、スマホアプリ累計200万ダウンロード突破!
ハンドメイドマーケット「minne」がアトリエをオープン ~作家やファン、企業の出会い創出へ
Fablic×ヤマト運輸、フリマアプリ「フリル」で補償サービス付きの配送サービスを9月より開始
メルカリとヤマト運輸が提携、フリマ出品を手軽にする新サービスを開始、「匿名配送」も視野に
ヤマト運輸、日本発台湾向け「国際クール宅急便」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5