MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソニー、“イベント会場にチェックインするとコンテンツを購入できる”新サービス開始

2017/01/11 09:00

 ソニーは、イベント会場限定の映像販売プラットフォームサービス「PROJECT REVIEWN™」を立ち上げた。利用者はイベント会場にチェックインすることで限定の動画を購入することができる。

 ソニーは、音楽ライブなどのイベントの映像を、イベント会場を訪れた人だけが購入して視聴できる新サービス「PROJECT REVIEWN™(プロジェクト レビューン)」を立ち上げた。

 1月10日よりスマートフォン、タブレット向けにアプリの配信を開始し、1月14日に大阪城ホールで開催される「ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA」にてサービスを初導入する。

「PROJECT REVIEWN」サービスイメージ
「PROJECT REVIEWN」サービスイメージ

 利用者はPROJECT REVIEWNのサイトで行きたいレビューン対応ライブ(レビューンライブ)を探し、ライブ当日に指定された場所へチェックインすることでライブ動画を購入できる。購入した動画は専用アプリで視聴可能で、アプリの機能により、自分の好きなシーンでアーティストにClap(拍手)を送ることもできる。

「PROJECT REVIEWN」サイト画面イメージ
「PROJECT REVIEWN」サイト画面イメージ

 国内のライブ・エンタテインメント市場規模は、2001年から2015年の間に約2倍に成長している。これにともないグッズの販売機会も増加が見込まれる。この状況の中、ソニーは同サービスを通じ、会場の興奮や感動をそのまま持ち帰りたいというファンのニーズに応えるとともに、アーティストやイベント運営側にとっては、イベント規模のに関わらず、グッズの在庫管理などの心配なく会場限定コンテンツを販売する機会となる、新たなプラットフォームを提供する。

 なお、このサービスは、社内から提案される新たなビジネスコンセプトの事業化を支援・促進するソニーの新規事業創出プログラム(Seed Acceleration Program)から生まれた新規事業。

【関連記事】
ソニー・ミュージックエンタテインメント、VR視聴アプリ「Littlstar Japan」の配信開始
ソニーのニュースアプリ「ニューススイート」、広告メニューの提供を本格スタート
SnSnap、イベント来場者のデータを元に広告を配信する新事業部「REALAD」を設立
電通と電通テック、プロモーション領域強化目的に組織改編
「歌うためのカラオケ」から「ライブに参加するためのカラオケ」へ、KDDIらVRの実証実験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5