[20号] 勾配ブースティング木によりアプリ利用での属性判別【インテージ 生活者の「今」を知る】

アプリの利用データから生活者の姿を読み解く

 「500程度のアプリの利用情報のみから、2〜5歳の未就学児のいる/いないを判別する」にあたり、「勾配ブースティング木(Gradient Boosted Tree)」と呼ばれる機械学習アルゴリズムを適用して、本図のようなステップで、判別モデルを構築・判別精度を評価した。

勾配ブースティング木:予測コンテストでディープラーニング(deep learning)に並んで利用され、高精度での予測・判別を実現するアルゴリズム。
ダウンロードを行うには年間購読の申し込みが必要です


既に年間購読の申し込みを行っている方はログインしてください。