MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オウンドメディアの流入元、約8割が検索/コンテンツ型ネイティブ広告PV数の約4割、編集記事の平均読了率超【popIn調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/07/16 10:45

 PVや滞在時間とは異なる記事コンテンツの評価指標「READ」を提供するpopInは、記事を活用したコンテンツマーケティングの現状を調査した「READ Report Vol.2」を発表した。

 popInは、ページビューや滞在時間とは異なる記事コンテンツの評価指標「READ」を提供している。「READ」を採用する、大手ニュースメディアを中心とした約100媒体の一部の協力を得て、記事を活用したコンテンツマーケティングの現状を調査した「READ Report Vol.2」を発表した。

同レポートで分析対象しているコンテンツ型ネイティブ広告とは、リンク表示フォーマットがサイトデザインに融合しているだけでなく、企画記事広告など遷移先がコンテンツとして制作されている広告を指す。

 同レポートによると、コンテンツ型ネイティブ広告のページビュー数の約4割は、編集記事の平均読了率を超えていた。また、コンテンツ型ネイティブ広告において、ソーシャルメディアで拡散されるコンテンツが必ずしも読了率が高いわけではないことも明らかになった。加えて、オウンドメディアの流入元は約8割が検索であり、サイト回遊性が低く、平均読了率はREAD導入媒体全体に比べ約12%低いことも明らかになった。

 記事を活用したコンテンツマーケティングはブランドリフトを目的とするケースが多いため、キャンペーンの量だけでなく質を測ることが重要である。今後、同社はコンテンツ型ネイティブ広告やオウンドメディア記事を制作するメディアや広告代理店・広告主に対し、上記フレームワークに沿って効果測定を可能とするサービスを提供する予定。

【関連記事】
popIn、新指標「READ」で読まれ方を調査、ネイティブ広告の効果測定に応用
popIn、記事コンテンツの新たな評価指標「READ」をリリース
popIn、ネイティブ広告対応コンテンツ発見プラットフォーム「DiscoveryPlus」リリース
adingo、Zucks提供のインフィード型ネイティブ広告の配信を開始
adingoのSSP「Fluct」、「インフィード型」等のネイティブ広告配信に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5