MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Rocket FuelがDMPの[x+1]を買収、マーケティング・クラウド市場に参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/08/06 11:45

 人工知能を使ったRTB広告取引で知られるRocket Fuelが[x+1]を買収。デジタルマーケティング・エンタープライズSaaS市場へ参入する。

 Rocket Fuelは5日、[x+1]の買収を発表した。[x+1]の企業価値は2億3000万ドルと見られ、買収にあたってRocket Fuelは、現金1億ドルと普通株式540万株を提供する。

 ニューヨークに拠点を持つ[x+1]は、DSP、DMP、タグ管理、モバイル広告技術などを統合した「Origin Programmatic Marketing Hub」というプラットフォームを提供。予測最適化エンジンを搭載したDMPは完全にDSPと統合され、ファーストパーティ、サードパーティデータを使って、マーケティングに関する決定を予測。これによって[x+1]は、マーケターが自ら広告費を運用することを可能にする。

 また、OriginはForresterがDMPとDSPの2つの領域においてリーダーと認めた唯一のプラットフォームである。[x+1]のプラットフォームからのデータの統合によって、Rocket Fuelは機械学習メディアバイイングアルゴリズムを強化したい考えだ。

 さらに、今回の買収は、Rocket Fuelにとって、デジタルマーケティング・エンタープライズSaaS市場への参入も意味する。ここには、Oracle、Salesforce、Adobeのほか、Sprinklrといった新興企業もいる。ADWEEKは、メディアバイイング企業であるRocket Fuelが、DMPを提供する[x+1]を買収したことに注目。なぜならその顧客には、intuit、Discover、Allstateおよび日産が含まれるからだ。両社は今後、Fortune 100から中小企業にいたるまで、あらゆる規模の企業およびエージェンシーにソリューションを提供。さらに、Rocket Fuelのソフトウェアライセンスビジネスも拡大する。

【関連記事】
GroupM、2014年末までにオープンなアドエクスチェンジから広告予算を引き上げる方針
Rocket Fuel、人工知能で業界平均より高いブランドリフトを実現するプログラマティックバイイングソリューション「Rocket Fuel Audience Guarantee」
リクルート、人工知能を使ったダイエット・フィットネスアプリ「Noom」を運営する米Noomに出資
「プログラマティックは驚異ではない」コンデナスト社が提示する、メディア企業がプログラマティックを推進する3ステップ【Maxifier Tokyo Summit 2014】
ABC、動画広告Videologyの元ヴァイス・プレジデントをプログラマティックセールスの責任者に指名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5