MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SSPの裏側を大公開!adingoが教えるSSPの本質とマネタイズパートナーとしての付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/09/26 12:00

 大まかなメリットは知られているものの、実際にメディアにとってどんな役割を担ってくれるのか、仕組みの認知があまり進んでいないSSP。8月21日に開催したMarkeZine Day 2014 SSPでは、adingoより取締役の小澤昇歩氏が登壇。豊富な知見とともにSSPの仕組みや、SSP選びのポイントが語られた。

SSPの登場で何が変わった?

株式会社adingo 取締役 小澤 昇歩氏

 5,000サイト以上のメディアマネタイズの実績を誇るSSP「Fluct」や、DMP「cosmi Relationship Suite」を開発するadingo。同社はアドテクノロジーのベーシックからトレンドまで把握し、多種多様なメディアへソリューションを提供している。今回の講演では「世界一簡単なSSPのはなし」と題し、同社取締役の小澤昇歩氏からSSPとDSPおよびRTBの関係やFluctの特徴、また最新の潮流が語られた。

 SSPが登場する以前、メディアには大きく分けて純広告とネットワーク広告が出稿されていた。「たくさんの広告事業者からタグを入れませんかと声がかかり、結局どれがいいのか分からず困っていたメディアさんも多かったと思います」と小澤氏。

 「SSPとは、簡単に言うと媒体社側が『具体的な取引は見ないから、一番収益性の高い広告を出して!』と任せられるシステムのこと」と、小澤氏は解説する。前述したかつての状況では、新たに広告事業者と契約をするたびに管理画面が増え、媒体社側のハンドリングはますます複雑化していた。それを解決するのがSSPだ。つながっている事業者の中で、一番収益性が高いものを自動的に選んで配信するため、その積み上げでメディアの収益を最大化できる。「これがひとつ目のSSPの役割です」と小澤氏。

SSPの役割はメディアの収益最大化とRTB取引の実現

 広告主側でも媒体社側と同様に複雑な状況が発生していた。それを解決したのがDSPだ。そして、DSPとSSPの間で1インプレッションごとに広告枠のオークションが行われる。これがRTB取引である。

 SSPのもうひとつの大きな役割は、メディアを訪れるユーザーの情報などを一元管理し、RTB取引を実現すること。SSPは都度、『今こういうユーザーが訪れているが、いくらで買うか?』をDSPに伝えて入札を促している。「言い換えれば、SSPはどんなユーザーがこの枠に接触しているかを知っているということです。一方でDSPは、どういうキャンペーンを広告主が行っているかを把握している。ならば、この間のさまざまな広告事業者とのやり取りをせずに、機械的に直接取引をしようというのがRTB取引です」

 意外と中身が知られていないRTB取引。小澤氏は「今日は少し詳しく説明したい」とし、次の7段階に分けてその流れを解説した(現在SSPの仕組みが分かる資料を公開中です。こちらからご覧いただけます)。

  1. インプレッションの発生
  2. DSPにリクエスト(Bid Request)
  3. DSP内でオークション
  4. DSPからBid Response
  5. SSPで各リクエストを処理
  6. SSPで勝者と価格を決定
  7. 広告の配信と金額の通知

現在adingoでは自社開発のSSPやDMPの開発・販売を共に行っていくチームメンバーを募集しています。
ご興味のある方は是非こちらからadingoの雰囲気や社員の声をご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZine Day 2014 SSPレポート

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5