MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

そのコンテンツ、潜在顧客に届いてますか?コンテンツマーケ成功の要はディストリビューション戦略にあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/03/09 08:00

 「ネイティブアド」「コンテンツマーケティング」というキーワードを軸に、ユーザーに受け入れられる最適な広告・マーケティングの有り方について探求する本連載。第2回目では、ネイティブアドを活用したコンテンツ・ディストリビューション戦略について、弥生のオウンドメディア「スモビバ!」の事例とともに解説していきます。

せっかく作成したコンテンツ、読み手にきちんと届いていますか?

 第1回目の記事では、バナー・ブラインドネス問題を解決する手段として、コンテンツ型ネイティブアドに寄せられる期待について解説しました。今回は、制作したコンテンツのディストリビューション(distribution/読み手に情報を届けること)について考えていきましょう。

 米CMIの定義によると、「コンテンツマーケティングとは、適切で有益なコンテンツを制作・ディストリビュートするテクニックです。その目的は、見込み顧客のことを理解し、明確に定義することで、見込み顧客の興味を引き、エンゲージメントを深め、購買に結びつく行動を促すこと」とされています。

 つまり、コンテンツマーケティングは、コンテンツを制作するだけでなくディストリビューションまで綿密に設計しなければ成立しません。しかし、多くの場合は、コンテンツ制作に注力する一方で、ディストリビューション設計が疎かになりがちで、結果として「いいコンテンツは出来たけれども、誰にも見られず埋もれてしまう」ケースが散見されます。

ディストリビューション戦略がなければ、コンテンツマーケティングは成功しない

 popInの調査では、オウンドメディアの月間のトラフィックは数10万PV規模のケースもあれば、1,000PV以下の小さな規模のケースまで様々です。ここで伝えたいのは、規模が小さいオウンドメディアはコンテンツ制作に力を入れていないかというと、そうではないということです。実際には著名タレントを起用したコンテンツを作成し、月に10本弱の記事を掲載するなど質・量ともに力を入れているオウンドメディアの月間のトラフィックが100~10,000PV程度という事例もあります。つまり、ディストリビューション設計を疎かにしていると、いくらコンテンツ制作に力を入れても施策としては失敗に終わってしまうのです。

会計ソフトなどを提供する弥生が運営するオウンドメディア「スモビバ!」

 ではオウンドメディアのコンテンツ・ディストリビューションはどのように設計すればよいのでしょうか。そのヒントを探るために、2013年12月より会計ソフトや確定申告ソフトを提供する弥生株式会社が運営するオウンドメディア「スモビバ!」について、同社 マーケティングコミュニケーションチームの鈴木仁氏と塩崎智史氏にインタビューを行ってきました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 向井 雄一(ムカイ ユウイチ)

    2014年9月、popIn株式会社へ入社。前々職のターゲッティング株式会社時代に、当時のパートナー企業であったpopIn社のレコメンドエンジンを大手メディア企業に導入。その後、CRITEO株式会社に転職し、Account Strategistとして大手旅行系のクライアントを中心に担当。現在は営業担当として、広告代理店・広告主企業向けに「popIn Discovery」の活用方法を提案している。■関連リンク popIn株式会社

関連リンク

バックナンバー

連載:ネイティブアドとコンテンツマーケティングの関係を探る!

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5