MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スマホからほぼ毎日インターネットを利用する人はPCの2倍、4,000万人弱に【ニールセン調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/07/28 10:30

 ニールセンが実施した調査から、スマートフォンからほぼ毎日インターネットを利用する人は3,996万人となり、PCの2倍にのぼることが明らかになった。

 ニールセンは、ニールセン インターネット基礎調査の結果をもとに、最新のインターネット利用動向を発表した。全体像を俯瞰すると、16歳以上の男女で2015年6月に家庭のPC、スマートフォン、タブレット、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)の4つのデバイスのいずれかを通して、ほぼ毎日インターネットを利用した人は5,610万人となり、16歳以上の人口の51%がインターネットを利用していた。デバイス別では、家庭のPCで2,165万人、スマートフォンで3,996万人となり、スマートフォンから毎日インターネットを利用する人がPCの2倍程度存在することがわかった。

 次に、月に1回以上インターネットを利用する人の年代別の割合をデバイス毎にみると、10代から40代ではスマートフォンからのインターネット利用が家庭のPCからのインターネット利用を上回っていた。特に10代では38ポイント差と、他の年代に比べて突出した開きがみられた。その一方で50代ではPCが、60代以上ではPCに加え従来型携帯電話の利用割合がスマートフォンを超えた。

 最後に、スマートフォンのみでインターネットを利用している人の割合をみると、10代はインターネット利用者の45%がスマートフォンのみでインターネットを利用しており、20代から40代までは30%程度の人がスマートフォンのみでインターネットを利用していることが明らかになった。

 同社 エグゼクティブアナリストの中村義哉氏は「今やスマートフォンからほぼ毎日インターネットを利用する人の規模はPCの倍となり、スマートフォンのみでインターネットを利用する人も10代では45%、40代まででも30%程度存在する状況となった。スマートフォンが中心のインターネット利用においては、例えばSNSやメッセージングサービスから常に流れてくる友人が発信する情報や、アプリからの発信されるプッシュ通知など情報が氾濫しており、企業は自分たちが伝えたいメッセージが消費者の目にとまるまでに多くのハードルが存在していることに注目しなければならない。こうした状況の下ではスマートフォンシフトの流れに単純にのるのではなく、改めて自社の顧客がどのような層の人なのか、そしてどのように情報を取得しているのか把握し、その結果をもとにコミュニケーションを設計していく必要がある」とコメントを発表した。

【関連記事】
意外に低い?タクシー・ハイヤー配車アプリの利用経験者は約7%
スマホゲームアプリをダウンロードしたきっかけ、最多は「スマートフォン広告を見て」
スマートフォンでのネットショッピング利用経験、2年前と比べ8.3ポイント増 
記憶に残る広告を。ヤフー、スマートフォン向けリッチ広告への取り組みを強化
女性向けストア「Amazon Woman」、ユーザーの半数以上がスマートフォンで商品購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5