MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Logicad、不正広告対策ツール「Black Heron」へ接続、無駄な広告費を削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/07/29 18:30

 ソネット・メディア・ネットワークスは、同社DSP「Logicad」とMomentumのアドフラウド対策ツール「Black Heron」への接続を実施。「bot」やコンバージョンしないユーザー、媒体への出稿回避を実現可能にする。

 ソネット・メディア・ネットワークスは、同社DSP「Logicad」に関するオンライン広告取引RTBにおいて、Momentumのアドフラウド(不正広告)対策ツール「Black Heron」への接続を行う。アドフラウドとは、無効なインプレッションやクリックを稼ぎ、広告費用に対する成約数や広告効果などを水増しする不正広告をいう。近年、北米を中心にアドフラウド対策による「bot」への広告出稿や、広告主の意図しないサイトへの広告出稿を防ごうとする動きが増えている。

アドフラウドの仕組み

 今回接続する「Black Heron」は不正なオンライン広告取引の監視・対策ツールで、独自のアルゴリズムによるフラウドスコアを活用することで、「bot」やコンバージョンしないユーザー、媒体への出稿回避を実現することができる。同サービスとの接続は本年11月を予定している。

【関連記事】
ソネット・メディア・ネットワークス、人工知能を搭載した『Logicad潜在顧客ターゲティング』を開発
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」、SSP「PubMatic」へRTB接続開始
ソネット・メディア・ネットワークス『Logicad』、Platform ID『Xrost SSP』と接続
ソネット・メディア・ネットワークス、DSP「Logicad」で「類似ユーザ」配信
DAC、広告配信プラットフォーム「i-Effect」、DSP「Logicad」へのASP提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5