MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2人に1人がYouTubeの「再生途中動画広告で離脱」【ジャストシステム調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/09/11 16:45

 ジャストシステムが『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査』を行ったところ、Instagramで行われるキャンペーンの好感度が高く、またYouTube再生中に動画広告が割り込むと半数の人が離脱することなどがわかった。

 ジャストシステムはアンケートサービス「Fastask」を利用して、全国の15歳から69歳の男女1,100名を対象に、『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年8月度)』を実施した。

夏休みの旅行予約、スマホからが約3割

 今年、夏休みを取得し、「旅行に出かけた」もしくは「出かける予定」と答えた人に、旅行の予約方法を聞いたところ、「スマートフォン」(21.7%)か「スマートフォンアプリ」(5.4%)から予約をした人は27.1%で、昨年の22.9%を上回った。

夏季休暇中の旅行予約方法
夏季休暇中の旅行予約方法(n=166)

10代女性の3人に1人は、「無料通話アプリ」で電話する

 スマートフォンユーザーに通話について聞いたところ、「基本的に、無料通話アプリをほぼ利用する」人は16.8%、「相手によっては無料通話アプリを利用する」人は26.8%だった。特に10~20代で「無料通話アプリをほぼ利用する」人は21.9%で、10代女性に限ると31.0%もいることがわかった。

スマートフォンでの通話状況(n=656)

夏休み中、最も利用が増えたスマホアプリは「地図アプリ」

 夏休みを既に過ごしたスマートフォンユーザーに、夏休み中、普段と比べて利用機会が増えたスマホアプリを聞いたところ、「地図情報アプリ」を挙げた人が最も多く(32.3%)、次いで「天気情報アプリ」(32.0%)、「乗り換え情報アプリ」(25.4%)、「SNSアプリ」(24.0%)、「ゲームアプリ」(23.0%)と続いた。

 ※数字は「普段と比べて利用機会が増えた」「普段と比べて利用機会がやや増えた」の合計。

夏休みに利用機会増えたスマートフォンアプリ(n=300)

Instagramキャンペーン経験者の7割以上が、「他のキャンペーンより楽しい」

 Instagramユーザーのうち、Instagramを使った企業のキャンペーンに参加/応募した経験があると18.3%が答えた。また参加や応募経験がある人のうち、75.0%が「Instagramのキャンペーンは他のキャンペーンに比べ楽しい」と思っていることが判明した。

 ※「あてはまる」「ややあてはまる」の合計。

Instagramキャンペーンの印象(n=24)

2人に1人が、YouTubeの「再生途中の動画広告で離脱」

 YouTube視聴時に表示される広告を見たことがある人のうち、50.3%が「再生途中に表示される広告は動画からの離脱の要因になる」と回答した。また、「再生前に表示される広告は、スキップボタンしか見ていない」は64.5%、「YouTubeに対する印象が悪くなったと思う」は39.5%など、広告への嫌悪感を感じる声が多かった。

 ※「あてはまる」「ややあてはまる」の合計。

Youtube広告を視聴した印象(n=430)

【調査の実施概要】
調査期間:2015年8月27日~30日
調査対象:15歳から69歳までの計1,100名

【関連記事】
メタップス、スマートフォン動画広告とTVCM効果を統合分析できるツール提供
高島屋、東急グループが行うオムニチャネルとは?「ネット&スマートフォン・コマース 2015」開催
CyberZ、Twitter広告含むスマートフォン広告の一元管理サービスを提供開始
ゲームアプリのダウンロード理由、テレビCMがスマートフォン広告を逆転【MMD研究所調査】
ユナイテッドのSSP「AdStir」、スマートフォン動画広告メディエーション機能を搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5