MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Facebook、広告主のモバイルシフトをサポートする4つの新機能を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/09/28 17:00

 Facebookは、TRP購入やカルーセル広告の動画対応など4つの新機能を発表した。これにより同社は広告主のモバイルシフトをサポートすると同時に、人々により快適な広告体験を提供することが可能となる。

 Facebookは、米国時間9月28日よりNYにて開催される広告業界最大のイベント、「Advertising Week」に合わせ、広告主のモバイルへのシフトをサポートし、人々により快適な広告体験を提供する次の4つの新機能を発表した。

TRP購入が可能に

 Facebook動画広告のプランニング、購入、および効果測定の指標としてTRP※を利用できるようになる。これにより、マーケティング担当者は、全体のTRP目標を念頭に置きつつ、テレビとFacebookを組み合わせた広告キャンペーンをプランニングし、TRPの一部をカバーするためにFacebook動画広告を直接購入できる(日本でのローンチ時期は未定)。これは、ニールセンの調査結果から、テレビ広告とFacebook広告が相互に補完し合うことが明らかになったことを受けたもの。

※TRP: target rating pointの略。個人視聴率をベースにしたターゲットの延べ視聴率。

ブランド認知度のアップに向けた最適化が可能に

 広告はブランド広告とダイレクトレスポンス(DR)広告の2種類に大別される。これまでFacebookでは、DR広告向けの最適化機能はいくつか提供してきまたが、ブランド広告についてはあまり選択肢がなかった。

 今回、新たに提供される、ブランドの認知度アップに向けた最適化は、広告を思い出してくれる可能性が最も高いオーディエンスを見つけ出すことが可能。なお、最適化はパワーエディタを介したリーチ&フリークエンシー入札時に利用できるようになる見通し。10月上旬からベータ運用を開始し、その後、正式リリースされる予定。

ミルワード・ブラウンと提携、ブランドリフト調査を実施可能に

 Facebookでは、モバイル広告キャンペーンの効果をより的確に把握できるよう、ニールセン協力のもと、モバイルアンケート機能を今春より提供してきた。今回、新たにミルワード・ブラウン・デジタルとも提携し、同社の「ブランド・リフト・インサイト」調査をFacebookとInstagramの両プラットフォームで実施できるようになる。

 モバイルアンケートを利用することにより、モバイル広告キャンペーンが実施された際と同じ環境で、より的確に効果を測定することが期待できる。また、モバイルアンケートは対照実験として実施されるため、広告キャンペーンがブランド指標に与えた影響を明確に知ることが可能。なお、ミルワード・ブラウンの提供は10月中旬から開始される予定。

カルーセル広告が動画にも対応

 今回のアップデートによって、カルーセル広告に動画も追加できるようになる。これにより、さらに説得力のあるストーリーをニュースフィード上で描くことが可能。カルーセル広告における動画利用は、パワーエディタでは今週から順次展開され、その後広告作成ツールにも展開される。

【関連記事】
Facebook、ダイナミックプロダクト広告を強化~CV最適化やオーディエンスネットワーク対応等
Facebook、新たな動画広告の購入方法「コスト・パー・ビュー購入」を発表
インスタグラム、広告配信の規模拡大~サイト誘導やアプリインストールの促進可能に
インスタグラム、月間アクティブ利用者数3億人突破!米国以外のユーザーは7割を占める
トランスコスモス、Instagram広告を世界7カ国で配信開始~SNS運用支援のソーシャルギアと連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5