MarkeZine(マーケジン)

記事種別

広告に違和感ないのはインスタ/企業アカウントが最もフォローされるのはLINE【ジャストシステム調査】

2015/10/09 14:00

 ジャストシステムは、Facebook、Twitter、LINE、Instagramの利用に関するアンケートを実施した。その結果、広告に違和感を抱かないSNSはInstagramが最多であることなどがわかった。

 ジャストシステムは、「Facebook、Twitter、LINE、Instagramのいずれかを利用している」と回答した10代~60代の男女668名に、「SNSの利用に関するアンケート」を実施した。

 「Facebook」「Twitter」「LINE」「Instagram」のうち、利用中に広告が目に入ってきたとしても、特に違和感を抱かないというユーザーの割合が最も高かったのは「Instagram」(20.0%)で、次いで「Facebook」(19.0%)、「Twitter」(16.8%)、「LINE」(13.5%)の結果となった。一方、「広告を配信してほしくない」というユーザーの割合が最も多かったのは「LINE」で、32.0%だった。

SNSアプリでの広告配信
SNSアプリでの広告配信

 「Facebook」「Twitter」「Instagram」のそれぞれのユーザーのうち、「基本的に投稿はしない」と回答した人の割合は、「Facebook」(32.3%)、「Twitter」(32.3%)、「Instagram」(31.3%)と、いずれのSNSサービスも、閲覧するだけの「見る専」と推測できるユーザーがが3割程度存在していることがわかった。

 一方、「自ら積極的に投稿する」と回答したユーザーの割合は、「Twitter」が20.8%と最も多く、「Facebook」「Instagram」は、ともに14.6%だった。

SNSアプリの利用態度
SNSアプリの利用態度

 ユーザーのうち、企業やブランドのアカウントをフォローしている割合は、「LINE」が44.0%と最も多く、次いで「Facebook」(29.6%)、「Twitter」(28.3%)、「Instagram」(7.0%)となった。

企業やブランドのフォロー
企業やブランドのフォロー

 企業やブランドのアカウントをフォローしているユーザーのうち、「フォローした企業やブランドをより好きになったことがある」人の割合は「Instagram」が66.7%と最も多く、次いで「Twitter」(47.5%)、「Facebook」(39.8%)、「LINE」(35.2%)という結果となった。

企業やブランドのフォローによる変化
企業やブランドのフォローによる変化

【関連記事】
Facebook、広告主のモバイルシフトをサポートする4つの新機能を発表
Twitter、話題のツイートをキュレートして表示する新機能「モーメント」を米国で提供開始
50代のLINE利用率が半年で大幅アップ/4人に1人がタイムラインへの企業投稿をきっかけに来店
インスタグラム、広告配信の規模拡大~サイト誘導やアプリインストールの促進可能に
企業のFacebook利用率が8割越え/SNS活用で売上増を実感する企業が増加【NTT調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5