MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

50代のLINE利用率が半年で大幅アップ/4人に1人がタイムラインへの企業投稿をきっかけに来店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/10/07 15:30

 ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask」にてSNSの利用実態調査を実施。50代のLINE利用率が大幅にアップしていることがわかった。

 ジャストシステムは、セルフ型ネットリサーチ「Fastask(ファストアスク)」を利用し、SNSの利用実態についてのアンケート調査を実施した。

50代のLINE利用率、半年間で10%も向上

 同調査において、現在使っているSNSサービスについては、「LINE」(74.5%)が最も多く、続いて「Twitter」(43.1%)、「Facebook」(42.7%)、「Instagram」(15.9%)であった。

現在利用しているSNSサービス:全体(事前調査・回答数1,444)
現在利用しているSNSサービス:全体(事前調査・回答数1,444)

 2015年3月時のLINEの利用率と比較すると、30代は67.0%から73.3%、40代は60.7%から65.0%、50代は57.9%から67.9%と、いずれの世代でも利用率が伸びていた。特に50代の伸びは著しく、10%も大幅にアップしている。

現在利用しているSNSサービス:年代別(事前調査・回答数1,444)
現在利用しているSNSサービス:年代別(事前調査・回答数1,444)

LINEの「タイムライン」利用者の4人に1人が企業投稿をきっかけに来店

 タイムラインの企業投稿に対して、利用者は「バナーやURLをクリックした」(43.8%)、「『いいね』をした」(42.6%)、「LINEクーポンを利用した」(39.5%)、「企業投稿から、実際に店舗に行った」(26.5%)などの行動をとっており、LINEが企業サイトへの誘導や、購買につながる販促施策として有効に機能しているといえる。

企業のタイムライン投稿に対する反応(回答数162・複数回答あり)
企業のタイムライン投稿に対する反応(回答数162・複数回答あり)

LINEユーザーの約6割が、「LINEは、生活の一部」と回答

 LINEというブランドについてあてはまる状況を尋ねた項目では、「今は生活の一部になっている」に「あてはまる」「ややあてはまる」と回答した人は合計で58.3%となり、約6割のユーザーにとってLINEが生活の一部に溶け込んでいることがわかった。

LINEブランドに関する考え(回答数550・複数回答あり)
LINEブランドに関する考え(回答数550・複数回答あり)

【調査概要】
調査名:SNSの利用実態調査
調査期間:2015年9月25日(金)~9月27日(日)
調査対象:事前調査で「スマートフォンを利用し、SNSを使っている」と回答した15~59歳の男女550名

【関連記事】
キリン、LINE ビジネスコネクト活用した「自撮り写真提供機能付き自動販売機」を展開
トライバルメディアハウス、「エンゲージマネージャー」にLINE公式アカウントの管理機能を追加
DACとトランスコスモスが連携、インセンティブ提供をLINE上でワンストップ化するサービス開始
フォーラムエンジニアリングのLINE公式アカウントにAI搭載~オプト、Jetrunテクノロジが協力
スマホ所有者の61.6%「LINE公式アカウントを追加した経験ある」と回答【MMD研究所調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5