MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2015年、マーケターのキーワードは「ビッグデータ」/今後は「IoT」も【ジャストシステム調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/12/28 09:00

 ジャストシステムは、『マーケティングトレンドに関する調査』を実施した。2015年に最も注目したキーワードは「ビッグデータ」(19.0%)だった。

 ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、事前のスクリーニング調査で「企画、マーケティング、広報、販売促進、市場調査・分析(リサーチ)の職種に従事している」と回答した全国の20代~60代の男女200名を対象に、『マーケティングトレンドに関する調査』を実施した。

2015年、最も注目したキーワードは「ビッグデータ」

 マーケティング担当者が、2015年に最も注目したキーワードは「ビッグデータ」(19.0%)だった。次いで、「LINE」(17.0%)、「Instagram」(12.5%)、「定額制動画視聴サービス」(12.5%)という結果となった。

2015年のマーケティングキーワード(n=200):クリックで拡大

 また、今後注目したいキーワードはは、「IoT」(21.0%)が一位に上がった一方、「Instagram」(19.5%)「ビッグデータ」(19.5%)は2015年に引き続き、2016年もマーケティング担当者が注目するキーワードにあがった。

注目媒体1位は「インターネット(PC)」、2位「スマートフォン」、3位「テレビ」

 72.0%のマーケティング担当者が、「非常に関心があり、今後も注目していきたい媒体」として「インターネット(スマートフォン媒体以外)」を挙げ、最も多くのマーケティング担当者が重要媒体として認識していた。そして、「スマートフォン」(57.5%)、「テレビ」(47.0%)が続いた。

関心がある広告媒体について(n=200):クリックで拡大

4人に1人が「コンテンツマーケティング」に興味あり

 「コンテンツマーケティング」に、「現在取り組んでいる」マーケティング担当者は11.5%、「現在取り組んではいないが興味はある」は24.5%、「現在取り組んではいないしそれほど興味もない」は21.0%という結果となった。

コンテンツマーケティングの状況(n=200)

【調査の実施概要】
調査期間:2015年12月18~21日
調査対象:事前のスクリーニング調査で「企画、マーケティング、広報、販売促進、
市場調査・分析(リサーチ) の職種に従事している」と回答した全国の20代~60代の男女200名

【関連記事】
フリークアウトのDSP/DMP、アドビと連携へ~マーケターの望みをかなえるプラットフォーム実現
B2Bマーケターが最も信頼する有料広告手法はSEM【B2Bコンテンツマーケティング調査】
日本人8割、短い記事を多く読みたい/ミレニアル世代の8割ネットの信頼性検証しない【アドビ調査】
7割が「アプリ版誘導広告」に抵抗あり/「ミスクリックの誘発」が理由に【ジャストシステム調査】
2015年スマホアプリ利用者数1位は「LINE」/「メルカリ」利用者は3倍に【ニールセン調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5