MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

CVR5倍、売上2倍を実現した動画メールの仕掛け人に聞く、新たなメールマーケティングの形

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/02/09 12:00

 エクスペリアンジャパンが 2015年2月から提供を始めた動画メールが順調に提供社数を伸ばしているという。近年、動画マーケティング市場が盛り上がりを見せる日本において、今後どのような展開を見据えているのだろうか。エクスペリアンジャパンの吉澤 和之氏に話を聞いた。

あえて日本初を逃してリリースへ

――御社が動画メール配信サービスをリリースしたのは2015年の2月でしたが、この時期を選ばれたのは何か狙いがあったのでしょうか。

エクスペリアンジャパン株式会社 エバンジェリスト 吉澤 和之氏

 動画メールは、北米のExperianでは、2012年頃からすでに提供を始めていましたので、実は、日本でもやろうと思えばいつでも始められる状態にはありました。しかし、デジタルマーケティングの潮流でいえば欧米のほうが2、3年は先です。

 当時の国内を見れば、まだ動画マーケティング市場はスタートをきったばかり、ブームになるのは、まだもう少し先だろうと見込んだのです。もちろん2012年時点で国内での提供を開始していれば日本初登場と銘打つことはできたでしょうけどね。

 優先すべきは奇をてらうことではなく、いかに時代の潮流をつかんで戦略的に普及させるか。せっかくの新しい技術も市場に受け入れられなければ意味がありませんからね。

クリックで拡大

――なるほど。日本では時期尚早だったと。

 そうですね。他のデジタルマーケティングの流れを見ても、広告で流行った施策がCRMに落ちてくるという過程を踏むことがよくあります。例えば、LINEもスタンプなどの広告メニューだけだったのが、LINEビジネスコネクトの登場で、CRM領域での活用も進んでいますよね。画期的な広告手法を代理店やツールベンダーが広め、それをCRMでも活用しようという流れはよく起こります。そして動画でも同様のことが起きるだろうと、その時が来るのを待つことにしました。

満を持してリリースした動画メール、その特徴は「自動再生」

――そこから2015年2月にリリース時期を設定された背景は?

 2012年時点での国内リリースは見送りましたが、市場調査は引き続き行っていました。国内でも動画マーケティングは着実に市場規模を広げ、2014年にはCRMにおける動画の有効な活用チャネルを模索する企業も増加してきました。実際に、弊社のクライアントからも「動画を活用できる新たなチャネルはないか?」という声をよく聞くようになりました。

――そこでいよいよ時機が来たなと?

  はい。動画マーケティングの浸透とともに各企業がさまざまなアプローチの動画を制作するようになりました。一方で、その動画を活用するチャネルはまだまだ限られていましたからね。動画メールをリリースするなら、このタイミングしかないと思いました。リリースに際しては、いくつかのクライアントにお声がけしニーズも探りました。

クリックで拡大

――これまでの背景のもとリリースされた動画サービスですが、御社ならではの特徴や強みはありますか?

 弊社の動画メールは、“メールを開くと自動で動画が再生される”ところが一番の強みです。

 これまで一般的に動画メールと言われるサービスでは、HTMLメール内に動画風の静止画が入っていて、その画像にWeb上の動画へのリンクを設定しているものが主流でした。これって本当に動画メールって言えると思いますか?

 実際、ユーザーのアテンションを引き出すには、メールを開いたときに動画が動いていることが大事で、動画風の静止画ではその役割を果たせないですよね。

 その点、弊社の動画メールでは国内シェアの高い端末やメーラーでの自動再生を実現し、動画メールとしての効果を引き出すことを可能にしました。

クリックで拡大

――メールを開いてすぐに動画が再生されるのですか?

 動画の容量や、長さによっては、読み込みに時間がかかってしまうことはあります。また、弊社の動画メールでは最大再生秒数は30秒としていますが、メールの特性を考えると15秒くらいがおすすめですね。メール内で全てを伝えるというよりは、動画をフックにサイトへ誘導したり、次のアクションを促したりすることが重要ですから。

記事で紹介しきれなかった国内事例を多数掲載!

 エクスペリアンジャパンの提供する動画メール配信サービスの詳細、ならびに記事で紹介できなかった国内企業の事例などを内容に含んだ紹介資料がダウンロードできます。詳細はこちらから

■動画メールに関するお問い合わせはこちらから


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 野本 纏花(ノモト マドカ)

    1983年生まれ。成蹊大学経済学部卒業。大学卒業後、大手IT企業にてレンタルサーバーサービスのマーケティングを担当。その後、モバイル系ベンチャーにてマーケティング・プロダクトマネージャーを務める傍ら、ライター業を開始。旅行関連企業のソーシャルメディアマーケターを経て、2011年1月Writing&a...

  • 高山 透(コウヤマトオル)

    フリーカメラマン。雑誌の撮影などを主にしています。最近では、webの撮影も多くなってきました。日々の生活は、朝タブレット端末をながめながらコーヒーを飲み、のんびり1日が始まります。 休みの日は、新宿御苑に行ったり、子供と遊んで過ごしています。webサイト

関連リンク

バックナンバー

連載:業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5